FF7リメイクの問題点

リメイク作品としてはおそらく家庭用ゲーム史上最大の話題作となるフルリメイク版FF7。俄然期待が高まるところだが、当然、不安もある。
特に、各イベントをカットしないでそのまま現在の映像技術で作り直したとすると、おかしなことになりそうなものがいくつもあるということだ。
例えば序盤のミッドガルの女装イベントなど、オリジナル版の4頭身ほどにデフォルメされた見た目であるから可能なイベントなのではないだろうか?
しかしそういったイベント全てがFF7の魅力であるのも確か。リメイクである以上、オリジナル版の要素は可能な限りカットせず、なおかつリファインさせてほしいもの。リメイクに際してカットされないよう、期待と不安を込めて、リメイクにあたって問題・障害になりそうなイベントを紹介する。

リメイクの問題になりそうなもの

ウォールマーケット女装イベント

序盤のミッドガルにおいて、ティファがさらわれてウォールマーケットまで追いかけるイベントがある。ここでは、ウォールマーケット内部において女装のためのアイテムを集めることとなり、いかがわしい館に忍び込むこととなる。ここではクラウド、ティファ、エアリスのうちからコルネオという男が1人を相手として選ぶことになるのだが、全ての女装アイテムを集めるとティファ、エアリスを差し置いて最も美女ということでクラウドが選ばれる。クラウドの姿は女装の上におさげのような髪型にもなっており、リアルな映像でやったら相当に破壊力の高いイベントになるのは間違いない。果たしてちゃんとこのイベントも存在するのか?
追記:2015年12年の情報で、FF7リメイクにも女装イベントはあると断言された。


ジュノンのパレード

ジュノンで行われる、神羅のプレジデント、ルーファウスを祝福するためのパレードイベント。ここでは神羅兵に変装し、パレードの隊列の隙間に入り込んで足並みを合わせ、視聴率を維持する、というミニゲームがある。初見だとタイミングが分かりにくく成功させにくい。このイベントだけでなく、頭身が上がったキャラクターでこういうアクティブなミニゲームが変わらず行われるなら、どれも笑いを誘うものになりそう。


コレル山の落下

コレル山のトロッコレールから落ちる途中、空中を泳いで左右に操作し、途中にあるアイテムをゲットできる、というものがある。空中を泳いで動くという漫画じみた動きをリアルな映像でやったら面白そうではあるが、きっとシュールな光景だろう。


ゴールドソーサーのショー

初めてゴールドソーサーを訪れた際に見ることができるデートイベント。劇場で行われるイベントで当日通算100組目の客だとして半ば強引にショーに出演させられる。出演するキャラはミュージカル調で話して、くるくる回りながら移動し、ふざけた着ぐるみのような魔王が登場したりする。クラウドと共に出演する、ティファなどデートの相手も姫として出演してノリノリで演技する。選択肢によっては手に口付けしたりなども。リメイクでボイス付きで行われれば面白そうなイベント。なお、このイベントはあくまでカップルだとみなされて無理矢理出演させられるものなので、下記のバレットとのデートでは発生しない。


ゴールドソーサーのバレットとのデート

序盤に訪れるゴールドソーサーでは、それまでの選択肢などで変動する、隠しパラメータである「好感度」が最も高いキャラとデートすることになる。大抵は初期好感度の高いティファ、エアリスのどちらかが選ばれてしまうが、ティファ、エアリスの好感度を下げるように調整すれば加入の遅いユフィ、そしてバレットとともデートを行うことが可能となる。ゴンドラデートは印象深いイベントのため、リメイクでも存在する可能性は高いが、リメイクでもバレットとのデートも可能なのだろうか?ロマンチックに花火を見ながら男二人で向かいあう姿を最新グラフィックでやられたら女装イベント以上に破壊力がありそうでもある。


大氷河

中盤に訪れる北の大氷河から竜巻の迷宮まで向かう一連の流れ。ここは北の極寒の地のため、一定時間彷徨うと寒さで倒れてしまい戻される制限がある。またガイアの絶壁の外観を登っていく場面では体温表示が出て、ボタン連打で体を震わせて体温を維持するという要素もある。なんと26度になるまでは行動可能。大氷河からこの崖登りまでの間、何度寒さで倒れてもゲームオーバーにはならず道を戻されるだけと、現実に即して考えるとかなり無茶苦茶。基本的にどのキャラも軽装であるため、リメイクならばこの辺りでは防寒具を着るくらいの改変はされそうである。


ティファとスカーレットのビンタ合戦

DISC2、後半のジュノンにおいてティファが神羅に捕まり、他のメンバーが救出するという場面がある。ここでは巨大な大砲の砲身の上でティファと神羅の兵器開発部門統括の性悪女、スカーレットのビンタ合戦が行われる。互いのビンタは全力なのでデフォルメキャラでも痛そう。○ボタンを押すタイミングが遅れるとスカーレットに一方的にビンタされる。数回ビンタされたほうが負ける。勝っても負けても特に影響はないが、負けると悔しいイベントである。場所が場所だけに、またウェポンが襲来していた直後というタイミングもあり、オリジナル版でもややシュールなイベントだが、リメイクでも変わらず存在するのか?


ワールドマップの有無

1997年発売のFF7は旧来のRPGでは定番だったワールドマップと街やダンジョンが明確に分かれているタイプのRPGである。FFシリーズは、近年では2011年発売のFF零式がこのような形式をとっているが、ナンバリングタイトルだけ見ると2001年発売のFF10以降は全てこのようなワールドマップは撤廃されている。FF7の場合は序盤、ミッドガルから脱出してようやくワールドマップを拝めるので、初見ならばプレイ開始から10時間以上ワールドマップを見ない可能性もある。そのためFF7におけるワールドマップというのはよくも悪くも印象に残るものであるのは間違いない。これが全廃されたとしたらFF7はオリジナル版とは相当に毛色の違うゲームになってきそうだが果たしてどうなるのか?


事前情報

ゲームシステム

攻略チャート

データベース

マップ情報

ボス攻略

キャラクター