ふしぎな鍛冶とは

ふしぎな鍛冶とは、ドラクエ11で装備品や装飾品作成することができるシステム。その装備品を作り上げるための「レシピ」と「素材」を入手したら、フィールド上にある「キャンプ地」で鍛冶が可能になります。鍛冶を開始するとプレイヤー自身の手で鍛冶の操作を行うことにより、この良し悪しよって作り上げられる装備品の出来が変動してきます。上手く仕上げれば通常の装備品よりも攻撃力や守備力の数値が高くなります。

装備品を新しく作るだけではなく、すでに所持している装備品に「うちなおし」を行うこともできます。この場合はその装備品が生まれ変わり、鍛冶を上手く行えばうちなおし前よりも良いものに変化させることができます。ただしうちなおしには「うちなおしの宝珠」が必要になります。
以下ルールなどまとめ。

  • 行えるようになるのは、ゲーム序盤でナプガーナ密林を通る時のキャンプ地で。
  • ふしぎな鍛冶を行えるのはキャンプ地。ヨッチ村にはキャンプ地でない場所に存在する。
  • ふしぎな鍛冶で装備品を生み出すためには「レシピ」とそれに記された素材が必要になる。
  • 必要な素材は作るものによって違う。例えば「せいどうのつるぎ」を生み出す場合は「どうのこうせき×2」と「つけもの石×1」が必要で、「はがねのつるぎ」を生み出す場合には「ぎんのこうせき×2」「てっこうせき×1」「ブルーアイ×1」が必要になる。
  • ふしぎな鍛冶を行うにはキャンプ地にある「ふしぎな鍛冶セット」を調べる。
  • ふしぎな鍛冶で地金を打ち上げる作業はプレイヤー自身が行う。
  • 地金を打ち上げる作業の良し悪しにより出来上がる装備品の性能が変化する。
  • 出来の良い装備品には名称の後に「+」がつく。例えば「はがねのつるぎ+2」のようになる。この場合通常のはがねのつるぎよりも攻撃力が高い性能になっている。「+表示なし」「+1」「+2」「+3」で4段階の出来が存在することになる。
  • ふしぎな鍛冶を成功させると「うちなおしの宝珠」を複数個入手できる。
  • 「うちなおし」はう「ちなおしの宝珠」を消費して行える作業で、すでに所持している装備品を改めて打ち直すというもの。作業は装備品を生み出す場合と同じもので、上手くやればうちなおし前よりも良いものに出来る。
  • 鍛冶を失敗しても装備品を失ったりすることはない。
  • 主人公のレベルが高くなるほどに集中力の値や使える特技が増えて鍛冶はやりやすくなる。

鍛冶作業の解説

ふしぎな鍛冶を行うにはキャンプ地にある「ふしぎな鍛冶セット」を選択します。すると次のようなメニューが出ます。

項目 説明
武器をつくる ふしぎな鍛冶で武器を生み出す。選択するとさらに「片手剣」「両手剣」「短剣」「ブーメラン」「ヤリ」「スティック」「ムチ」「両手杖」「ツメ」「オノ」のいずれかを選び、レシピを所持していて作ることができる武器を選択する。
防具をつくる ふしぎな鍛冶で防具を生み出す。選択するとさらに「アタマ」「からだ」のいずれかを選び、レシピを所持していて作ることができる防具を選択する。
アクセサリーをつくる ふしぎな鍛冶でアクセサリーを生み出す。
うちなおし 所持している装備品を打ち直す。
やめる 鍛冶をやらないでフィールド画面に戻る

作りたい装備品を選択するとふしぎな鍛冶セットに素材が入れられて次のようなチュートリアル説明が出ます。以下ゲーム中の文章引用。3DS版のものです。

「たたく」や「とくぎ」のコマンドを使い地金に力を加えるとオレンジ色のゲージが伸びていきます。これを緋色の成功ゾーンに入るようにしましょう。コマンドを使うと「集中力」を消費し地金の温度が下がっていきます。冷え切るとそれ以上地金を叩けなくなってしまいます。
同じコマンドでも地金の温度が高いほど大きなチカラを加えることができます。「とくぎ」で地金の温度を調節したり複数のマスを打ったりして集中力を節約しながら作りましょう。また「くわしくみる」を使うと現在の地金の状態をくわしく見ることができます。ゲージをすべて成功ゾーンにおさめ「しあげる」を選べば装備名に「+」がついたできのいいものが作れることがあります。

そして鍛冶が始まり、次のような画面が出ます。

ふしぎな鍛冶画面

これははがねのつるぎの場合の画面ですが、上、中、下の3箇所それぞれにゲージが設定されているのが分かります。このゲージは「たたく」や「とくぎ」を使うことで左へと延びていきます。

項目 説明
たたく 集中力を5消費して地金のどこか1箇所を選択して叩く
とくぎ 習得している鍛冶用の特技を使って地金を叩く。特技には色々な種類がある
くわしくみる 現在の地金の各部位の状態が数値で表示される
しあげる 現在の状況で仕上げて鍛冶を完成させる
ふしぎな鍛冶目標の緑と赤ライン

ゲージの左の方には緑の色がついている部分があります。集中力が許す限りに「たたく」や「とくぎ」を使ってこの位置に上手くゲージを合わせるのがふしぎな鍛冶での目的となります。緑の幅の中でも中央の赤い部分にピタリと合わせるのが理想。
チュートリアルにあるように、現在の温度が高いほどにゲージは大きく動き、また温度はどんどん下がっていく(1作業につき50℃下がる)ため、同じ作業を行った場合でも温度の高低によりゲージの動き幅が違ってくることになります。これを考慮した上でゲージの上昇幅を予測し、上手く緑色の幅に合わせることが必要になります。

複数あるゲージ全てでゲージ緑部分の中央に合わせるととなって最も+の値が大きくなる装備品が出来上がります。
仕上がりの種類は「ふつうの出来」「ちょっといい出来」「なかなかいい出来」「とてもいい出来」というように存在し、「くわしくみる」のコマンドを選択すると現在の状態を確認できます。納得のいく状態になったら「しあげる」を選択して作業を終えればふしぎな鍛冶は完了となります。

また、叩いた時に「会心の手ごたえ」となり、緑色の中央部分で止まるようになる場合もあります。この場合、本来ならばゲージから外れてしまうようなゲージ状態でも必ず緑色の中央で止まるようなので、「会心の手ごたえ」が出るのを祈っていちかばちかで叩いてみたりするのもアリのようです。

ふしぎな鍛冶用の特技

通常の「たたく」以外にも「とくぎ」を選択することで次のような鍛冶用の特技を使って地金を叩くことができます。「たたく」は集中力を5消費しますが、特技はそれよりも多く消費します。これらと通常の「たたく」の両方を駆使して赤い目標ラインを目指していきます。ふしぎな鍛冶の特技は主人公のレベルが上がると自動的に習得していきます。

特技名称 習得Lv 集中力 説明
上下打ち 10 8 チカラ強く上下2マスを叩く
てかげん打ち 12 10 半分のチカラで1マスを叩く
2倍打ち 17 8 2倍のチカラで1マスを叩く
火力上げ 23 10 温度を300度上昇させ地金を鍛えやすくする
4連打ち 26 12 チカラ強く2×2マスをたたく
みだれ打ち 31 7 ランダムに4マスをたたく
3倍打ち 35 11 3倍のチカラで1マスをたたく
ねらい打ち 38 16 通常より高い会心率でたたく
超4連打ち 44 18 2倍のチカラで2×2マスをたたく
冷やし込み 46 12 温度を300度下降させ地金を変化しにくくする
ななめ打ち 50 7 チカラ強くななめ2マスをたたく
ヘパイトスの炎 55 0 次のひと打ちが必ず会心になる
熱風おろし 60 6 地金の温度を150度下げて打つ強力な一撃

情報提供フォーム

名前

内容

  

攻略チャート

各種データ

PS4・3DS固有の要素

寄り道コンテンツ

その他コンテンツ

ドラクエ11最新情報

ドラクエ30周年企画