攻撃の属性と耐性について

ドラクエでは呪文や特技にその性質を意味する「属性」が設定されていますが、ゲーム中にそれに関する表示が存在しません。
またモンスターに関してもその属性に対する「耐性」が全てのモンスターに設定されていますがこれもゲーム中で明確に表示などがあるわけではなく、ユーザーに対しては伏せられたデータとなっています。耐性はドラクエ8では4段階、ドラクエ9では7段階、ドラクエ10では8段階に分けられています。

攻撃側が使う攻撃の「属性」と攻撃を受ける側の属性に対する「耐性」により与えるダメージが決定されます。
例えば最弱モンスターのスライムはほとんどの攻撃に対して耐性がないのでどの呪文、特技を使っても攻撃が軽減されることはありませんが、イエティのような寒い地域にいるモンスターに対して氷系のヒャドを使うとダメージが少なくなってしまいます。

属性や耐性の分類は作品ごとに大きく違っています。ここでは暫定的な参考データとして、3DS版ドラクエ8の場合とドラクエ9、10の場合、それに無属性攻撃の例を紹介。

属性の分類

3DS版ドラクエ8の場合

基本的に呪文の名称そのままで属性も分類されています。メラ系と炎系、ヒャド系と氷系はドラクエ9以降では同じ分類になっていますが、それぞれメラ系と炎系、ヒャド系と氷系というように分かれています。9ではそれぞれ雷系と光属性で別の分類になっているジゴスパーク、ギガスローとギガスラッシュが同じデイン系になっていること、強打系とぐんたい系というような分類があるのが特徴です。

敵の属性に対する耐性としては4段階。「よく効く」「普通」「あまり効かない」「無効」という分類になっています。無効の敵に使っても「〜にはきかなかった!」とメッセージ表示されダメージ0となってしまいます。

かえん斬り、烈風獣神斬などは敵の属性耐性だけでなく「こうげき力」も影響するため攻撃力が高いほどに威力が上昇。属性耐性が無い敵に使えば「たたかう」での通常攻撃より大きなダメージを与えることができますが、敵が強い属性耐性を持つ場合はダメージが軽減されてしまい、場合によっては「たたかう」よりもダメージが減ってしまうこともあります。

属性 呪文の例 特技の例
ギラ系 ギラ系 かえん斬り
メラ系 メラ系 バーニングバード、ビッグバン
ヒャド系 ヒャド系 -
バギ系 バギ系 かまいたち、しんくうは、オノむそう、烈風獣神斬
イオ系 イオ系 シャインスコール、シャイニングボウ
デイン系 デイン系 ギガスラッシュ、ジゴスパーク、ギガスロー
炎系 マダンテ 火の息、燃え盛る火炎、激しい炎、しゃくねつ
氷系 - つめたい息、凍り付く息、凍える吹雪、かがやく息
強打系 - なぎ払い、(超)パワフルスロー、せいけん突き、地這い大蛇
ぐんたい系 - おっさん呼び、したっぱ呼び、ゴールドなげ

ドラクエ9、10の場合

ドラクエ9でギラ系とデイン系が消えたためか大きく分類に変動がありました。炎、氷といった多くのRPGで見られる分類になっています。呪文では存在しない土属性という分類もあります。10ではギラ系、デイン系が復活しましたが基本はドラクエ9での分類形態となっています。またドラクエ9、10は武器自体に属性が設定されているものもあります。この武器を装備した場合、通常は無属性の「たたかう」での通常攻撃や、無属性の特技を使った場合もその属性を持つようになります。

敵の耐性の分類はドラクエ9で7段階、ドラクエ10で8段階あります。4段階しかないドラクエ8と比べると細分化されただけでなく、ドラクエ8では多数存在した「属性攻撃を完全に無効」にする敵がメタル系とごく限られた敵以外に存在しないのが特徴になっています。敵が強い耐性を持っていてもダメージ0になることはほぼありません。

(※1)ドラクエ9ではギラ系とデイン系とジバリア系は存在せずドラクエ10にのみ存在
(※2)ドラクエ9ではイオ系は爆発属性、ドラクエ10では光属性分類。

属性 呪文の例 特技の例 属性武器の例
メラ系、ギラ系(※1) バーニングバード、ひのいきなどの火のブレス系 ほのおのブーメラン
ヒャド系 氷結らんげき、つめたいいきなどの氷のブレス系 ふぶきのオノ
バギ系 ウィングブロウ、しんくうは かぜのブーメラン
雷・爆発(※2) イオ系(※2)、デイン系(※1) ジゴスパーク、ギガスロー、いなずま、怪光線 いなずまのやり
ジバリア系(※1) 石つぶて、岩石おとし、地這い大蛇、ランドインパクト ガイアのてっつい
イオ系(※2) ギガスラッシュ(ブレイク)、シャイニングボウ、グランドネビュラ、ゴッドスマッシュ、シャインスコール -
ドルマ系 - -

無属性の攻撃

「たたかう」で繰り出す武器での通常攻撃や、「はやぶさ斬り」「ミラクルソード」のような特技は「無属性」となり、敵の属性耐性とは関係がなく、単純に攻撃側の「こうげき力」と攻撃を受ける側の「しゅび力」によりダメージが算出されます。無属性の攻撃は例えば以下が一例。

これも主にドラクエ8〜10までを参考にしています。ドラゴン斬りやメタル斬りは特定の「系統」に対しては大きなダメージを与えるというものですが、属性とはかかわりがなく、属性自体は無属性となっています。系統に関しては系統を参照。

無属性の例
「たたかう」での通常攻撃、はやぶさ斬り、ミラクルソード、ドラゴン斬り、メタル斬り、一閃突き、さみだれ突き、まじん斬り、ムーンサルト、キラージャグリング、デュアルカッター

情報提供フォーム

名前

内容

  

ドラクエ11最新情報

各種データ

PS4・3DS固有の要素

マップデータ

ドラクエ30周年企画