ゾンビ師団長

ゾンビ師団長

NPCのグレイグと共に戦うことになるボス。PS4版の場合はがいこつけんし、スカルゴン、スカルナイト、イビルビースト・強がお供として出現。3DS版の場合はスカルナイト×2が2セットお供として出現。まずはこれらを倒さないと危険。イオラを2回ほど使えばほぼ殲滅できます。HPが半分を切るとグレイグがベホイミを使ってくれます。攻撃力はさほど高くなく、一回行動ですが痛恨の一撃を高確率で繰り出すので、常にHPを150以上に保ちましょう。

出現場所 HP EXP G
デルカダール地方 約1000 3300 2500

名称クリックでPS4版のGifアニメ再生。

攻撃名称 解説
通常攻撃 稀に痛恨の一撃になる通常攻撃。
痛恨の一撃 単体に140近くのダメージ。
けたたましいいななき 全体に40ほどのダメージを与えつつ確率で一回休み状態にする。
武器を振り回す ランダムに3回攻撃。
あんこくのきり 全体に状態異常。マヌーサや呪文耐性変化を引き起こす。グレイグには通じない

屍騎軍王ゾルデ

屍騎軍王ゾルデ

これもNPCのグレイグと共に戦うボス。グレイグは主人公のHPが半分になるとベホイミを使ってくれるのでこれをアテにしましょう。
2回行動と1回行動を交互に繰り返します。パープルシャドウは自分の影を生み出す行動。影は本体と違って1回行動ですが、本体の使わないルカナン、バイキルトを使います。バイキルトを本体に使われた場合、全ての攻撃で100以上のダメージを受けるようになるのでかなり危険。影が生まれたら影を優先して全力で倒しましょう。影のHPは300程度なので特技を使えば1、2回の攻撃で倒せます。

出現場所 HP EXP G
デルカダール城 約2000 10500 8000

名称クリックでPS4版のGifアニメ再生。

攻撃名称 解説
通常攻撃(本体) 40程度のダメージの通常攻撃。
ソードガード(本体) 武器ガード率を上げる。
武器を振り下ろす(本体) 両手武器を振り下ろして攻撃する。通常攻撃より威力が高い。
なぎ払い(本体) 全体に通常攻撃よりやや弱い程度の威力で攻撃。
ドルクマ(本体) 単体に80程度の暗黒属性呪文。
パープルシャドウ(本体) パープルオーブの力で自分の影を生み出す。ソードガードによる武器ガード率上昇効果が消えたタイミングで使う。
通常攻撃(影) 本体と同じ威力、40程度の通常攻撃。
ルカナン(影) 全体の守備力を一段階下げる。効かない確率も高い。
バイキルト(影) 単体の攻撃力を二段階上昇させる。これを本体に使われた場合が危険。
クロスドルクマ 本体と影のれんけい技。70弱のドルクマ×2で合計約140のダメージ。

ロウ

ロウ

主人公1人で戦います。覇王斬以外の攻撃は無効化されてしまい、覇王斬を5回出してロウに当てるのが勝利条件。
習得したばかりのグランドクロスは精神統一の後に使ってきて、170もの大ダメージを受けます。精神統一後は防御しましょう。グランドクロス以外の攻撃は通常攻撃のみですが、ロウは自分の影を2体生み出します。影はヒャダルコやドルマを使ってほか、ルカナンを使ってくるため、すぐに倒しましょう。影のHPは100ほどしかありません。

出現場所 HP EXP G
冥府 約500 2000 500

名称クリックでPS4版のGifアニメ再生。

攻撃名称 解説
1〜2回行動 グランドクロスを繰り出すターンのみ1回行動。それ以外は確実に2回行動。影は1回行動。
通常攻撃(本体) 杖を使っての打撃。威力は低いが、影にルカナンを使われた場合40近くのダメージになるので危険。
精神統一(本体) グランドクロスの前には必ずこの行動を行う。
グランドクロス(本体) 約170の大ダメージを与えてくる攻撃。この時点でのHPはせいぜい350程度なので半分ほどのダメージを受ける。
影を生み出す(本体) ニマ大師の力を借りてロウが自分の影を2体生み出す。
ヒャダルコ(影) 影はヒャダルコを使う。40程度のダメージ。
ドルマ(影) 影はドルマを使う。こちらも40程度のダメージ。
ディバインスペル(影) 呪文耐性を減少させる。効いてしまうと影のヒャダルコ、ドルマがより大ダメージに。

フールフール

フールフール

戦闘前に必ず全員を魔封じ状態にしてきます。NPCでのシルビアはハッスルダンスを使ってくれないため、全体回復の使えるロウがベホマラーを使えなくなるのが厄介。魔封じは数ターン経過で解除されますが、それまではロウはいやしの雨を使うのが有効。100前後のダメージを受けるベギラゴン、それにラリホーマが脅威ですが、ラリホーマはシルビアには効果は及ばず、眠ってしまってもシルビアがツッコミで治してくれます。戦闘開始時の魔封じは5ターンほどで解けますが、マホトーンを使って魔封じにしてきます。魔封じが解けた時には回復呪文を使ってすぐに回復しましょう。

出現場所 HP EXP G
岬のほら穴 約2000 9500 10000

名称クリックでPS4版のGifアニメ再生。

攻撃名称 解説
完全2回行動 確実に二回行動する。
通常攻撃 単体に80程度のダメージ。
ベギラゴン 炎属性に耐性が無い場合110ほどのダメージ。
スクルト 守備力を上昇させる。ロウがゴールドフィンガーを習得していれば解除できる。
ラリホーマ 全体を眠らせる。シルビアには効果が及ばず、シルビアはツッコミで睡眠を解除してくれる。
ディバインスペル 1人の呪文耐性を下げる。
マホトーン 全員の呪文を封じ込める。開始時の魔封じが治った頃に使う。

嘆きの戦士

嘆きの戦士

呪いは最大HPを減少させる効果という珍しいものでですが、ロウのおはらいで解除することができるのは同じ。攻撃はそれほど激しいものはなく、HP半減させられてもロウのベホマラー、シルビアのハッスルダンスでの全体回復を余裕をもって行えばそれほど危なげはないはず。

出現場所 HP EXP G
ユグノア城跡 約2500 4000 3000

名称クリックでPS4版のGifアニメ再生。

攻撃名称 解説
完全2回行動 確実に二回行動する。
通常攻撃 単体に約70のダメージ。
ビッグバン 全体に約80の炎属性ダメージ。
呪いの玉 1人の最大HPを半分にさせる呪い。
ラリホーマ 全体を確率で眠らせる。
呪いのおたけび 全体を確率で行動不能が発動する呪いにする。
ゾーン必中 ゾーン状態になる。1人なのでれんけいはないがちから上昇する。
ダークブレイク 全体に約80の闇属性攻撃。

バクーモス

バクーモス

過去のユグノア城から戻ってくるとそのまま戦闘に。悪夢の吐息は全体の呪文威力、回復力を下げるというものですが、特技であるシルビアのハッスルダンスの回復力は低下せず。ルカニ、バイキルトを使って物理攻撃ダメージでダメージを与えていきましょう。すてみで攻撃力が上昇したらゴールドフィンガー、極竜打ちで効果を打ち消しましょう。

出現場所 HP EXP G
ユグノア城跡 約2800 12000 8000

名称クリックでPS4版のGifアニメ再生。

攻撃名称 解説
完全2回行動 確実に二回行動する。
通常攻撃 単体に80程度のダメージの通常攻撃。
悪夢の吐息 全体に80程度のダメージ+呪文の威力と回復力1段階ダウンのブレス。バクーモスのメイン攻撃。
ドルモーア 単体に120程度の闇属性呪文。
すてみ 自分の攻撃力を2段階上げて守備力を1段階下げる。

呪われしマルティナ

呪われしマルティナ

2連戦になる戦闘の1戦目。サキュバスウィンクは全体に対してダメージを与えつつ眠らせるもの。これを多用してくるため、運悪く睡眠が効いてしまうと苦戦することになります。あらかじめ眠り耐性のある装備品を装備しましょう。セクシービームやヒップアタックはかなりの威力があります。ロウはいやしの雨を使っておきましょう。

出現場所 HP EXP G
グロッタの町 約2000 2500 0

名称クリックでPS4版のGifアニメ再生。

攻撃名称 解説
完全2回行動 確実に二回行動する。
通常攻撃 呪われしマルティナはヤリを装備している。100前後のダメージを受ける。
サキュバスウィンク 全体に約70ダメージ&睡眠効果。これが最も脅威。
セクシービーム 単体に150近くのダメージを与える上、確率で魅了にする。
ぱふぱふ 単体を1回行動不能に。状態異常を引き起こす行動の中では最もマシ。
ヒップアタック セクシービームと違い魅了効果はないものの、威力は同程度ある単体攻撃。
なぎはらい 全体に通常攻撃よりやや弱い威力での攻撃。80ほどのダメージ。

妖魔軍王プギー

妖魔軍王プギー

呪われしマルティナから続けての連戦になる上、グリーンオーブの力を使っての「ギガマホトラ」は全員のMPを大量に吸収するものであるため、MP切れの危険がある戦いになります。その他にも魅了、1回行動不能といった状態異常攻撃を使ってきますが、全体に睡眠効果攻撃を使う呪われしマルティナと比べるとさそう踊りは1回行動不能なるだけなので、呪われしマルティナよりはまだ戦いやすい相手です。ただMP切れだけはしないよう、回復を担うロウ、シルビアのMPは無くなる前にけんじゃのせいすいで回復しておきましょう。

出現場所 HP EXP G
グロッタの町 約3000 15000 20000

名称クリックでPS4版のGifアニメ再生。

攻撃名称 解説
完全2回行動 確実に二回行動する。
通常攻撃 呪われしマルティナよりはやや攻撃力が高い。100以上のダメージを受ける。
目を見開く 単体に対して魅了効果。
ギガマホトラ 全体に対して2回MPダメージを与えて自分のMPとする。MPダメージ耐性が無い場合12〜13程度奪われてしまう。
超さそう踊り 全体に対して1回行動不能にする。
たくみな腰つき 全体に対して約50の風属性ダメージ。
メラゾーマ 単体に対して約140ダメージで、プギーの攻撃では最も威力が高い。

覇海軍王ジャコラ

覇海軍王ジャコラ

レッドオーブの力を持つ巨大な敵。基本的に回復を怠らなければそれほど危険はありませんが、「クリムゾンミスト」は受けるダメージを1.5倍にするというもので、これを使われてから高い威力の通常攻撃と全体攻撃による連続攻撃を受けると戦闘不能者が出る危険があります。クリムゾンミストを使われた場合通常攻撃は220以上のダメージに、しゃくねつの火球は160以上のダメージに、メイルストロムは120以上のダメージになります。クリムゾンミスト効果があるうちは無理せず守りを重視しましょう。状態異常に弱くラリホーが効く可能性もあります。ロウがゾーンに入ったらユグノアの子守歌を使えばほぼ確定で眠らせられるので有効。守備力が低めなので、バイキルトやルカニを使ってから強力な物理攻撃でダメージを与えていきましょう。

出現場所 HP EXP G
外海 約5000 18000 12000

名称クリックでPS4版のGifアニメ再生。

攻撃名称 解説
完全2回行動 確実に二回行動する。
通常攻撃 見た目通り攻撃力は高い。150以上のダメージを受ける通常攻撃。
しゃくねつの火球 単体に約110ダメージの炎属性攻撃。
船を揺るがす 全体に約65ダメージ+確率で転び効果で1回行動不能に。
ボミオス 全体の素早さを一段階下げる。ジャコラは素早さが低いが、これにより先に行動される可能性も。
メイルストロム 全体に約80ダメージの風属性攻撃。
クリムゾンミスト 数ターンの間、こちらの受けるダメージが全て1.5倍になる。

鉄鬼軍王キラゴルド

鉄鬼軍王キラゴルド

ゴールドアストロンはPS4版だと2人を、3DS版だと1人を黄金状態にする効果。黄金になっている間は何もできないものの、ダメージを受けることも全くないため、眠りや混乱や魅了などと比べれば危険度は少ない状態異常。最も怖いのはバイキルト。これを使ってからのくるい裂きやゴールドフィンガーは大ダメージを受けます。敵の良い状態変化を打ち消す「零の洗礼」あるいは「ゴールドフィンガー」あるいは「極竜打ち」のどれかを習得していればバイキルトを打ち消すことができるため、それほど怖くなくなります。攻撃が全て物理攻撃でもあるため、スクルトの2回重ねがけも有効。黄金兵や黄金兵長を呼び出したら主人公の覇王斬やロウのグランドクロスでまとめて攻撃しましょう。

出現場所 HP EXP G
黄金城 約3500 20000 30000

名称クリックでPS4版のGifアニメ再生。

攻撃名称 解説
完全2回行動 確実に二回行動する。
通常攻撃 ジャコラよりは攻撃力は低い。100ほどのダメージ。しかしバイキルトを使うので侮れない。
くるい裂き 1発約70のダメージ×ランダムに4回。
ゴールドアストロン 3DS版の場合1人を、PS4版の場合2人を対象に、数ターンの間攻撃も回復も一切受け付けない黄金の塊にしてしまう。入れ替えは可能。
バイキルト 攻撃力を二段階上昇。これを使われてからのくるい裂きが怖い。ゴールドフィンガーなど、これを解除する方法があればかなり楽になる。
ゴールドフィンガー 単体にダメージ&良い状態効果打ち消し。ダメージ自体がかなり大きく、150ほどのダメージを受ける。バイキルトを使われていた場合250以上の大ダメージになる。
仲間呼び 黄金兵×2、あるいは黄金兵長×1のどちらかを呼ぶ。どちらにせよ、覇王斬が有効。
ピオリム 全体の素早さを一段階上昇。
ゾーン必中 ゾーンに入る。れんけい技は存在しないが、ちからが上昇。バイキルトと合わせるとすさまじいい攻撃力になるので危険。

魔竜ネドラ

魔竜ネドラ

行動はランダムではなく固定。「おたけび&グランドプレス」→「通常攻撃&おたけび」→「闇の炎&通常攻撃」が1サイクルになっています。攻撃力が高く、特に全体に150以上のダメージを与えてくるグランドプレスが脅威。しかしおたけびで一回行動不能にする事以外に状態異常攻撃はしてこないため、毎ターンベホマラー、ハッスルダンス、けんじゃの石を使って回復を徹底すれば危なげはありません。HPは5000ほどあるものの守備力は低め。攻撃役に対してバイキルトを使って全力で攻撃していきましょう。

出現場所 HP EXP G
シケスビア雪原 約5000 17000 9000

名称クリックでPS4版のGifアニメ再生。

攻撃名称 解説
完全2回行動 確実に二回行動する。
通常攻撃 単体に約160のダメージ。
おたけび 全体を確率で1回行動不能にする。
グランドプレス 全体に150以上の大ダメージ。
闇の炎 全体に約110の闇属性ブレス。フバーハで軽減可能。

人食い火竜(2戦目)

人食い火竜

ヒノノギ火山で戦うことになる赤い火竜の2戦目。1戦目は2回行動でしたが、確実に3回行動するようになっています。痛恨の一撃を高確率で出すようにもなっており、ベホマラー、けんじゃの石、ハッスルダンスを使って常にHPを高く保つようにしないと戦闘不能者が出ます。

出現場所 HP EXP G
ヒノノギ火山 約4900 8400 0

名称クリックでPS4版のGifアニメ再生。

攻撃名称 解説
3回行動 確実に3回行動する。
通常攻撃 片腕を振って殴りつける通常攻撃。
ベギラゴン ギラ系全体呪文。全体に80程度のダメージ。
ガードクラッシュ 単体に攻撃しつつ守備力を2段階下げる。
連続火球 1発50ほどのダメージの火球を連続3発、単体に向かって吐き出す。ミスすることもある。
おぞましいおたけび 全体に90ほどのダメージを与え、確率でショック状態(1ターン行動不能)にする。
痛恨の一撃 角を振り上げての強力な攻撃。単体に対して250近くの大ダメージを与える。

邪竜軍王ガリンガ

邪竜軍王ガリンガ

天空魔城の番人。「魔神の絶技」という攻撃が脅威で、1発130ほどのダメージを受ける攻撃をなんと7連続も行う攻撃になっています。行動は実は固定で、「魔神の絶技&通常攻撃」→「はやぶさ斬り&マヒャド」→「れんごく斬り&紫電突き」→「通常攻撃&ギガスロー」→「れんごく斬り&青の衝撃」までが1サイクルとなっています。攻撃力が高いのでどれも脅威ですが、一番最初の「魔神の絶技&通常攻撃」だけは特に飛び抜けて恐ろしい攻撃となっているので、このターンだけは防御するのが無難。仮にスクルトを2回使っていても一発100近くのダメージは避けられず、それを7回受けることになるため防御しないと生き残れる保証はありません。常にHPを高く保ち、魔神の絶技を使ってくるタイミングでは防御、というのを徹底しましょう。まず戦闘開始直後使ってくるので防御。後は青の衝撃を使ってきた次のターンで繰り出してきます。

出現場所 HP EXP G
天空魔城 約3500 32000 15000

名称クリックでPS4版のGifアニメ再生。

攻撃名称 解説
完全2回行動 確実に2回行動する。
通常攻撃 攻撃力が高く、通常攻撃でも約170以上のダメージを受ける。
魔神の絶技 約130のダメージ×7という恐ろしい攻撃。スクルトを2回使えば1発90程度になるが、それでも運悪く1人に攻撃が集中すると死亡してしまう威力。
はやぶさ斬り 単体に100×2の大ダメージ。
マヒャド 全体に100強のダメージ。
れんごく斬り 炎属性が付与されているが通常攻撃と同じ程度の威力の単体攻撃。
紫電突き 単体に150程度のダメージ&転ばせて1回行動不能にする効果。
ギガスロー 全体に約120のダメージ&確率でマヒ。
蒼の衝撃 全体の良い状態変化を消すというもので、いてつく波動と同じ。

魔軍司令ホメロス

魔軍司令ホメロス

天空魔城の深部で戦うことになりますが、ガリンガより強いかというとそうでもなく、レベル40後半〜50程度あればそれほど苦戦することもなく倒せる相手です。状態異常効果の攻撃はほとんど持たないため、回復を怠らないようにすればOK。主人公、グレイグ、マルティナのうち2人が攻撃役、けんじゃの石を持たせたカミュやセーニャかロウがベホマラーで毎ターン回復、というようにすれば大体は安定するはず。呼び出すゴールデンゴーレムはホメロスと同等の攻撃力があるので放置しておくのは危険。優先して倒しましょう。

出現場所 HP EXP G
天空魔城 約3500 40000 20000

名称クリックでPS4版のGifアニメ再生。

攻撃名称 解説
完全2回行動 確実に2回行動する。
通常攻撃 ガリンガよりも攻撃力は低く100程度のダメージだが頻繁に痛恨を出してくる。
痛恨の一撃 単体に270程度の大ダメージを与えてくる。通常攻撃の2回に1回ほどの高確率で痛恨を出してくる。
シルバースパーク 全体に150以上のダメージを与えてくる。属性は雷。
仲間を呼ぶ ゴールデンゴーレムを1体呼ぶ。かなり頻繁に使う。
黒くかがやく闇の炎 シルバースパークと同程度の威力がある。全体に150程度のダメージの闇属性ブレス。
さばきの冥槍 170ほどのダメージの全体攻撃。闇属性。PS4版の場合は当たる対象にばらつきがあり、2人だったり4人だったりする。3DS版の場合4人で固定。
超高速連打 約60ダメージ×ランダムに7回。単発の威力は低めだがHPの低いセーニャやロウに運悪く集中すると危険。
冷たい笑み 何もしない無駄行動。行う確率は低い。

情報提供フォーム

名前

内容

  

攻略チャート

各種データ

PS4・3DS固有の要素

寄り道コンテンツ

その他コンテンツ

ドラクエ11最新情報

ドラクエ30周年企画