ゼーランダ山西部〜聖地ラムダ

チャート

  • 過去の世界で、セーランダ山の聖地ラムダ付近で目を覚まします。
  • 聖地ラムダへ。なお、ゼーランダ山西部、聖地ラムダの宝箱などはすでに入手した状態になっています。
  • オーブを6つ集めて命の大樹へと向かう段階。大聖堂へ。
  • ちなみに、ルーラを唱えようとしても不思議な力でかき消されます。
  • 大聖堂で仲間と合流。
  • 仲間の装備、レベルやスキルパネルの習得状況は、そのデータで命の大樹をクリアした段階に合わせられているようです。
  • 以前通り、ゼーランダ山を抜けて始祖の森へ。

会話テキスト

巻き戻される時の中

(テオ)もう 心配いらんぞ。

(エマ)ぜったいに元気で 帰ってきてね!
○○!

(デルカダール王)勇者ことが 邪悪なる魂を復活させる者!
勇者と魔王は 表裏一体なのじゃ!

(カミュ)オレの名前は カミュ。
覚えておいて くれよな……

(グレイグ)逃がすものかぁっ!!
災いを呼ぶ 悪魔の子め!!

(ベロニカ&セーニャ)私たちは 勇者を守る宿命を負って生まれた
聖地ラムダの一族。これからは 命に代えても
あなたを お守りいたします。

(シルビア)みんな おっまたせ〜!!
シルビア号の お迎えよん

(ロウ)よく 戻ってきたな 我が孫よ。
よくぞ……よくぞ 生きていてくれた。

(マルティナ)今度は 離さない……っ!

(ロウ)ウルノーガを倒すため 6つのオーブを手に入れ
命の大樹への道を 開くのじゃ!

(ファナード)どうか ウルノーガなる者を 討ち果たし
世界の未来を お守りくださいませ!

ラムダの聖堂

ベロニカ「セニカさま……。
いよいよ あたしたちの使命を
果たすべき時が やって来ました。

ベロニカ「これから 集めたオーブを携え
悪をはらうチカラが眠る 命の大樹へと
勇者 ○○を導きます。
「大樹は 選ばれた者だけ入れる 未開の地。
その先に 何が待ち受けてるのか
行ってみないと わかりません。でも……
「たとえ どんな災難が起きたって
あたしが 必ず ○○を
この手で守ってみせます。
「○○は あたしたちの希望の光。
その光がある限り 世界は闇に染まらない……。
あたし そう信じてますから!
「だから 無事に 使命が果たせるよう
見守っていてくださいね セニカさま!

ベロニカ「あーーーっ! ○○じゃない!
ま まさか 今の聞いて……
「……っていうか
その ごつい剣は なによ!
アンタ 今まで どこ行ってたの!?
「ここで 長老さまの話を聞いてたら
急に いなくなっちゃうんだもの!
ビックリしちゃったわよ もう!
「……アンタ いったい どうしたの?
そんな 泣きそうなカオで見られたら
こっちも 調子が くるっちゃうじゃない。
「これから 大仕事するってのに
肝心のアンタが そんなんで どうすんのよ。
しっかりしてよね 勇者さま!

シルビア「きゃっ ○○ちゃん!
よかった! 戻ってきてたのね!?
どこにもいなくて 心配したんだから!

シルビア「……どうしたの ○○ちゃん?
さっきから みんなのカオを
ジロジロ見たりして……

カミュ「おいおい ○○。お前 ずいぶん
ぶっとんだ剣 持ってるな。そんなの持ってたら
悪魔の子って言われても しかたねえぜ。
「ハハ……まあ いいや。
それよりも 早く 命の大樹に向かおうぜ。
オレ もう待ちくたびれちまったよ!

セーニャ「始祖の森の 山頂にある祭壇に
私たちが持つ 6つのオーブを捧げれば
命の大樹に行ける……ということでしたね。

マルティナ「あそこの扉から 始祖の森へ行けると
長老さまは おっしゃっていたわ。
まずは 山頂の祭壇を目指しましょう。

ロウ「さあ 長かった旅も いよいよ終盤じゃ。
悪しき ウルノーガを倒すためにも……。
いざ 命の大樹へ向かうぞい!

仲間会話

神殿のイベント後

ベロニカ「まったく ○○ったら……。
レディが祈っているところを のぞくなんて
勇者のクセに はしたないわよ!
「それに あたしのカオ見て
なんだか 泣きそうになってるし……
シャキッとしなさいよ シャキッと!

ロウ「おぬしの父親 アーウィンも
エレノアとの婚儀の直前に 緊張してな……。
よくわからん場所を フラフラしていたんじゃ。
「最近のおぬしは 目元といい
ますます アーウィンに似てきたのう。
やはり 血は争えんものじゃな。

シルビア「ンもうっ ○○ちゃんったら
いつの間に 剣を新調していたの?
「アタシ ○○ちゃんのセンスに
文句をつけるつもりはないけど……。
ずいぶんトゲトゲしてて 凶悪なデザインね。

カミュ「一緒に 長老の話を聞いていたはずなのに
気がついたら いないんだからな……。
みんな お前のことを心配してたんだぞ。
「お前 ちょっと ボーっとしてないか?
今が正念場なんだから シャキッとしてくれよ。
なんせ これから 命の大樹へ行くんだからな。

セーニャ「お話し中に 音もなく いなくなるなんて……。
いつも フラフラしている私でも
○○さまのマネは できませんわ。
「あら ○○さま……。
ほほえましいモノを 見るようなカオをして
いったい どうされたんですか?
「うふふっ。○○さまを見失ったのは
ほんのすこしの 時間なのに
なんだか なつかしい感じがしますわね。

マルティナ「ああ 無事でいてくれて よかった……。
私が目を離したスキに ○○が
魔物に襲われたりしていないか 心配だったわ。
「あら……○○。
なんだか すこし 背がのびたんじゃない?
私の 気のせいかしら……?

ゼーランダ山(東部)

3種類のうちから見たいマップを選んでください。

PS4版 3DS版3Dモード 3DS版2Dモード

PS4版マップ

ドラクエ11 PS4版ゼーランダ山

3Dモード版マップ

ドラクエ11 3Dモード版ゼーランダ山

2Dモード版マップ

ドラクエ11 2Dモード版ゼーランダ山

チャート

  • ここからは、宝箱などは再び閉じた状態になっています。ちいさなメダルが入った宝箱がありますが、この過去の世界でも改めて入手でき、新たに入手したものとしてカウントされます。
  • 主人公が飛び抜けて強いはずなので、覇王斬などを駆使していけば敵は一蹴していけます。

入手アイテム

PS4版

  • ちいさなメダル
  • ぎんのこうせき、プラチナこうせき
  • シルク草、さとりそう
  • マジックチャクラム

3DS版

  • プラチナこうせき
  • ちいさなメダル
  • シルク草
  • マジックチャクラム

出現モンスター

名称 種族 経験値 ゴールド ドロップ(通常) ドロップ(レア) PS4出現 3DS出現
スマイルロック 物質 314 51 かがみ石 ぎんのこうせき 東部山道 東部山道
ブルーイーター あくま 323 62 ガマのあぶら 赤い宝石 東部山道 東部山道
レッドイーター あくま 356 63 へびのぬけがら 青い宝石 東部山道 東部山道
スカイドラゴン ドラゴン 820 112 ドラゴンのツノ 竜のうろこ 東部山道 東部山道

始祖の森

3種類のうちから見たいマップを選んでください。

PS4版 3DS版3Dモード 3DS版2Dモード

PS4版マップ

ドラクエ11 PS4版始祖の森

3Dモード版マップ

ドラクエ11 3Dモード版始祖の森

2Dモード版マップ

ドラクエ11 2Dモード版始祖の森

チャート

  • ゼーランダ山同様、元の世界で取得していても、アイテムは全て改めて入手可能。ただしPS4版の場合、レシピブック「ゾンビバスター」が入っていた宝箱が3000Gに変動。
  • 2つ目のキャンプ地でイベントが発生するのも同じですが、今回はスキップ可能になっています。
  • 祭壇でのオーブを捧げるイベントも同様に以前と全く同じイベントが発生し。スキップできます。

入手アイテム

PS4版

宝箱
  • せいじゃのはい
  • レシピブック「ザ・ゾンビバスター」(以前入手している場合は3000G)
  • げんませき
  • 青い宝石
  • せいれいせき
  • メタルのカケラ
  • ちいさなメダル
キラキラの採取ポイント
  • シルク草、かがやきそう、ようせいの綿花
  • まほうの樹木
  • まほうのせいすい
  • うるわしきのこ
  • まほうの樹木

3DS版

宝箱
  • せいじゃのはい
  • レシピブック「ザ・ゾンビバスター」
  • げんませき
  • 青い宝石
  • せいれいせき
  • メタルのカケラ
キラキラの採取ポイント
  • まほうのせいすい
  • シルク草
  • まほうの樹木
  • まほうの樹木
  • うるわしきのこ
  • まほうの樹木

出現モンスター

名称 種族 経験値 ゴールド ドロップ(通常) ドロップ(レア) PS4出現 3DS出現
マムー けもの 678 105 まじゅうのツノ まほうの樹木 南部 西部、洞くつ(お供)
はぐれメタル スライム 10050 40 メタルのカケラ しあわせのぼうし 全域(お供限定) 全域(お供限定)
フォレストマスター 物質 568 80 グリーンアイ まもりのたね 南部 西部、南部
うごくせきぞう 物質 746 90 つけもの石 命の石 洞くつ 洞くつ
ブルーイーター あくま 323 62 ガマのあぶら 赤い宝石 - 西部
レッドイーター あくま 356 63 へびのぬけがら 青い宝石 - 西部
グリーンモッキー 怪人 262 55 やわらかウール せかいじゅのは 西部、南西部 西部、洞くつ(お供)
アンクルホーン あくま 388 87 まじゅうのツノ 命のきのみ 西部(夜)、南部(夜) 洞くつ
フェアリーバット 336 58 まほうの樹木 こあくまネイル 南部、洞くつ 洞くつ
デーモンバウム 自然 431 67 まほうの樹木 せかいじゅのは 東部 東部
ライオンヘッド けもの 838 184 せいれいせき ドクロのゆびわ 東部、北東部 東部
アラウネ スライム 317 58 いやしそう いやしのうでわ 深部泉付近 深部泉付近
黄泉の花(転生) スライム 1864 361 超ばんのうぐすり ドクロのゆびわ アラウネのお供 アラウネのお供
キースドラゴン ドラゴン 1201 124 ドラゴンの皮 ドラゴンテイル 深部泉付近 深部泉付近

仲間会話

入った直後

カミュとマルティナとロウ以外は以前と同じテキスト

マルティナ「16年前 キミと はなればなれになった川は
命の大樹から落ちる滝が 源流となって
ユグノア地方へ続く 川だったみたいね……。
「イシの村まで流されて 無事だったのは
もしかして 命の大樹が
キミを 守ろうとしてくれたからかしら……?
「不思議ね。○○の周囲は 自然も人間も
魔王の手から ○○を助けるように
あらかじめ 定められているみたいだわ。

ロウ「遠くから ながめるだけだった
命の大樹へ こうして向かう時が来るとは……。
長い人生 何が起こるか わからんものじゃ。
「アーウィンとエレノアも 今の おぬしの姿を
どこかで 見ていてくれるはずじゃ。
大切なひとり息子の 晴れ舞台じゃからな……。

カミュ「いよいよ 命の大樹と ご対面だな。
世界中 あちこち 渡り歩いてきたが
オレたちの旅も 大詰めってワケだ。
「大樹の中に宿る 生命力の根源……大樹の魂。
いったい どんなモンなのか
想像もつかねえぜ。
「それにしても ○○。
お前 いつの間にか
ずいぶん 強くなってないか?

命の大樹

3種類のうちから見たいマップを選んでください。

PS4版 3DS版3Dモード 3DS版2Dモード

PS4版マップ

ドラクエ11 PS4版命の大樹

3Dモード版マップ

ドラクエ11 3Dモード版命の大樹

2Dモード版マップ

ドラクエ11 2Dモード版命の大樹

チャート

  • 最深部のイベントで前とは違う展開になります。
  • ホメロスと戦闘に。

ホメロス戦

前とは違い攻撃が通ります。 戦闘前のイベントで主人公が切り裂いたバリアを再びまとう行動も行いますが、これは主人公が魔王の剣で攻撃すると再び無効化されます。HPは2000ほどしかありません。ベロニカが主人公にバイキルトをかけて主人公が魔王の剣で全力で攻撃すればすぐ倒せます。

チャート

  • 改めて大樹の魂を調べます。
  • 元の世界で入手した勇者のつるぎより強力な、「勇者のつるぎ・真」を入手。
  • デルカダール王に招待され、デルカダールの城へと行くことに。
  • この時点でルーラであちこちに行けるよういなっています。

入手アイテム

PS4版/3DS版共通

  • いやしそう
  • せかいじゅのしずく
  • せかいじゅのは
  • つきのめぐみ
  • 勇者のつるぎ・真

会話テキスト

大樹の神域

マルティナ「これが 大樹の魂……。
なんだか はじめて見る気がしないわ。
なつかしいような こわいような……。

カミュ「ふぅん……不思議なモンだな。
オレも ずっと昔に
来たことが あるような気がするぜ。

シルビア「世界中の命が 集まっている場所なんでしょ?
きっと アタシたちの 生まれる前の記憶が
残っているのかもしれないわね……。

シルビア「やぁん! なあに これ!?
ピリリッて はじかれたわ!

ロウ「ふむ……
やはり 勇者の紋章をたずさえた者しか
大樹の魂の中には 入れないんじゃろうな。

ロウ「そして あれこそ 闇のチカラをはらうもの……
おそらく 勇者のつるぎであろう。
「さあ ○○よ。
大樹の魂の中にある
勇者のつるぎを 手に入れるのじゃ!
「おぬしなら……おぬしならば
あれを 手にすることが できるはず!

ホメロス「なっ……気様!
今 何をした!?

カミュ「てめえ ホメロス!
いつの間に ついてきやがった!

ホメロス「尾行にも気づかぬ ドブネズミに
語る言葉など 持たぬ!
私の目的は ○○ ただひとり!

マルティナ「今のは……!?

ホメロス「はしたないマネをされるな マルティナ姫。
あなたは 私にとって これから起こる大災の
犠牲となる ひとりに過ぎない……。

ホメロス「そんな バカなっ……!
闇のオーラを 切り裂いただと……!?
「その剣は いったい……!
「くっ……! おのれ……!
そんな剣ひとるで 私に勝てると思うたか!
「悪魔の子 ○○よ!
悪魔の子と 手を結びし者どもよ!
この命の大樹を 貴様らの墓標にしてくれよう!

ホメロス(闇)戦後

ホメロス「ぐあぁぁっ……!

ホメロス「バカな……。
この私が この私が敗れるなど……!!
「……こんな所で 果てては
あの方へ 申し訳が立たぬ!

ホメロス「ぐっ……………。

デルカダール王「この破片は……。

グレイグ「ホメロスを追って 来てみねれば
これは いったい……。
「この場で 何か起こったというのだ……。

ロウ「グレイグよ この者の姿を見るがよい……。
デルカダール王国の将として 仮面を被りつつ
裏で 魔物に魂を売っていた者の末路じゃ。

マルティナ「グレイグ よく聞きなさい!
魔物の手先として 暗躍しつづけていたのは
○○じゃないわ ホメロスだったのよ!

ホメロス「うぐっ……うぅ……。

グレイグ「……やはり そうだったのか。
ホメロスよ……お前ほどの男が
なにゆえ 魔物に……

ホメロス「お お助けくださいませ……。

マルティナ「…………っ!!

デルカダール王「人民をたぶらかし 世を乱した 悪魔の手先め。
死をもって つぐなうがよい。

デルカダール王「グレイグよ。よくぞ ホメロスの正体を見抜き
わしを ここまで連れてきてくれた。
「そなたがいなければ わしは ずっと
ホメロスの口車に 乗せられ
魔物たちのたくらみに 手を貸していただろう。

グレイグ「ありがたき お言葉……。
ホメロスの凶行を 事前に
食い止めることができ 幸いでした。

デルカダール王「○○よ……。
今までの わしの行いを
どうか 許してほしい。
「わしは 今まで ホメロスから
勇者こそが 魔物を呼ぶ存在……。
悪魔の子なのだと 説き伏せられてきたのじゃ。

マルティナ「…………お父さま。

デルカダール王「おぉ……そなた マルティナか!
よくぞ 無事でいてくれた。
そんな所にいないで よくカオを見せてくれ。

デルカダール王「ロウよ。
そなたにも 苦労をさせたな……。
「ユグノアの件は残念だったが これからは
チカラを合わせ 復興していこうではないか。

ロウ「……それも大事じゃが まずは 16年前に
我が国 ユグノア王国を滅ぼした宿敵
ウルノーガを 倒さねばな。

デルカダール王「ふむ……。ホメロスも おそらく
ウルノーガの 手先だったのだろう。
「○○よ 話は聞いたな。
すべての元凶たる ウルノーガは
今も 世界のどこかで 息をひそめているはず。
「さあ 勇者 ○○よ!
大樹の魂に宿る 勇者のつるぎを
手に入れるのじゃ!

大樹の魂へ入った時

デルカダール王「おぉ……なんという すばらしい剣だ。
○○よ わしにも 見せてくれぬか?

デルカダール王「……っ!
「なんだ 今のは……!?
「……まあ よい。それよりも 早く
デルカダール城に戻って 宴の準備をせねばな。

ロウ「……ほう? もしや わしらを
デルカダール城に 招いてくれるのか?

デルカダール王「今さら 何を言う ロウよ。
そなたたちは ウルノーガの手先 ホメロスから
命の大樹を守った 英雄ではないか。
「○○よ。聞いての通りだ。
そなたたちのお 功績をたたえるため
我が城に 招待させてほしい。

グレイグ「……すまない。今は 言葉が見つからぬ。
私が これまで してきたことは
いつか 日を改めて わびさせてくれ。

デルカダール王「さあ わしらは 先に城へ戻るとしよう。
○○ デルカダール城で待っておるぞ。

仲間会話

虹の橋がかかった後

ベロニカとセーニャ以外は以前と同じテキスト

ベロニカ「どうしたのよ ○○。
そんなに 不安そうなカオをして。
「大丈夫よ ○○。
何があっても アンタのことは
あたしが 守ってあげるから。

セーニャ「○○さま……
ついに 大樹の魂のもとへ向かう時が
やってまいりました。
「私は 勇者さまを守る使命を負った
聖地ラムダの 末裔……。
「この先 何が起ころうとも
私が 皆さまを お守りしたします。
……さあ 参りましょう ○○さま!

大樹の魂を調べる前

カミュ「……ホメロスのヤツが 魔法を放ってきた時は
オレたちも おしまいかと思ったが
お前のおかげで なんとか 命びろいしたぜ。
「それにしても あんな すげえ剣を
どこで 手に入れてきたんだ?
もう 粉々になっちまったみたいだが……。

ベロニカ「ホメロスの あの すさまじい殺気……。
本気で あたしたちを倒そうとしてたわ。
みんなが無事で 本当によかった……。
「でも アイツの尾行に よく気づいたわね。
アンタが いてくれなかったら
あたしたち 危ないところだったわよ……。

セーニャ「魔物の手先だった ホメロスは倒れました……。
次に対決するべきは ウルノーガ。
私たちの旅も いよいよ 大詰めですわね。
「それにしても ウルノーガは いったい
どこに 身をひそっめているのでしょう?
何か 手がかりがあればいいのですが……。

シルビア「ホメロスちゃんは 悪い子だったみたいだけど
わざわざ 大樹ちゃんの てっぺんに来るなんて
なんの用があったのかしらね。
「聞きたいことが いろいろあったのに
王さまが やっつけちゃったせいで
もう わからなくなっちゃったわね……。

ロウ「ホメロスは 魔物の手先じゃった……。
ヤツの これまでの行いを見る限り
それだけは 疑いようもなかろう。
「ウルノーガの居所は まだ 定かではないが
勇者のつるぎは ヤツとの対決に欠かせぬもの。
さあ 命の大樹から つるぎを受け取るがよい。

マルティナ「やっと お父さまに会えたというのに
どうしてかしら……?
なんだか 素直に よろこべないの……。
「ごめんなさい ○○。
まだ お父さまに会えた実感が わかないのよ。
16年も へだたりがあったせいかしら……。

グレイグ「ホメロス……。
お前ほどの男が なぜ 魔物などの手先に?
いったい 誰の差し金で……?

勇者のつるぎ・真を入手した後

シルビア「グレイグちゃん……。
ウルノーガの手先だった ホメロスちゃんを
倒したのに 全然うれしそうじゃなかったわね。
「それどころか すごく落ち込んでいたみたい。
あのふたりの間には ただならぬ絆が
あったのかもしれないわね……。

セーニャ「私の 目の錯覚でしょうか……。
王さまが 勇者のつるぎを手にしようとした時
黒いカゲが その手を はらったような……。

ロウ「今まで 長い旅じゃったな。
ようやく 勇者のつるぎが手に入ったか……。
「勇者のつるぎは この世にふたつとない剣。
肌身離さず 大事にしておくのじゃぞ。

カミュ「デルカダール城で 宴か……。
一度 捕まったことがある身としては
なかなか 痛快な話だぜ。
「牢で さんざん オレをバカにしていた兵士が
オレの姿を見たら ビビるだろうな。
へへっ 今から 城に行くのが楽しみだぜ。

マルティナ「……………。
「ああ ごめんなさい……考えごとをしていたわ。
ようやく お父さまに会えたというのに
なんだか 実感がわかなくって……。
「お父さまに 最後に会ったのは 16年前……。
そう感じるのも ムリないわよね。

ベロニカ「ホメロスのヤツが 現れた時は
背筋が ヒヤッとしたわ……。
あの時ばかりは もうオシマイかと思ったわよ。

デルカダール城下町

3種類のうちから見たいマップを選んでください。

PS4版 3DS版3Dモード 3DS版2Dモード

PS4版マップ

ドラクエ11 PS4版デルカダール城下町

3Dモード版マップ

ドラクエ11 3Dモード版デルカダール城下町

2Dモード版マップ

ドラクエ11 2Dモード版デルカダール城下町

チャート

  • 崩壊していないデルカダール城下町なので序盤に訪れた状態。
  • ここも、以前に入手したアイテムはすでに取った状態になっています。
  • デルカダール城へ。

仲間会話

城下町内

カミュは前と同じテキスト

シルビア「あの デルカダール城で
パーティーだなんて ホント もう最高!
はりきって 盛り上げちゃうわよ〜!
「ねえ ○○ちゃん 早く行きましょ。
アタシ 旅芸人の血が騒いじゃって
いてもたっても いられないわ!

セーニャ「デルカダール王国に 招待されるなんて
光栄ですが 緊張しますわね……。
ああ ムネが ドキドキいたします。
「そうそう ○○さまは 旅の最初に
おひとりで お城へ出向かれたのですよね?
その勇気 私に わけてほしいです……。

ベロニカ「王さまから じきじきに 正体を受けるなんて
○○も ずいぶん偉くなったわね。
あたしも 鼻が高いわ。
「デルカダールみたいな大きな国の ごちそうって
いったい どんな食べ物が出てくるのかしら?
ふふっ 今から楽しみだわ。

ロウ「……………………。
「……おお すまんすまん。
少し 考えごとをしておったんじゃ。
デルカダール城での宴会 楽しみじゃのう。

マルティナ「16年間 ずっと会いたかった お父さまと
やっと ゆっくり過ごせるというのに……。
どうして こんなに 気が重いのかしら……。
「ずっと ひとりぼっちで国を守っていた
お父さまに 今さら会いたくないなんて……。
私ってば 本当に ひどい娘ね……。

デルカダール城

3種類のうちから見たいマップを選んでください。

PS4版 3DS版3Dモード 3DS版2Dモード

PS4版マップ

ドラクエ11 PS4版デルカダール城

3Dモード版マップ

ドラクエ11 3Dモード版デルカダール城

2Dモード版マップ

ドラクエ11 2Dモード版デルカダール城

チャート

  • 序盤に訪れた時と同じく、1Fの北側へは行くことができない状態になっています。後で探索できるので最初は玉座の間へ。
  • ただし、2Fの東西の部屋や3Fは探索可能。色々アイテムがありますが、2F南西の部屋の「きんかい」や1F西の「プラチナソード」が入った宝箱は、本来ならばこの先の時間軸で入手(崩壊したデルカダール城)で取るものですが、すでに宝箱が空になっています。
  • デルカダール王と謁見した後は1Fの広間に移動。
  • 3DS版の場合は崩壊していないデルカダール城1Fの北側を探索できるのはこれが初めてなので、アイテムを多数取れます。ちいさなメダルもあるので取りこぼさないよう。
  • PS4版の場合、元々ほとんどの場所を探索できたので入手できるものは少なめ。1階東側のちいさなメダル、まもりのたね、それにグレイグの部屋にあるステテコパンツとごうけつのうでわを入手できます。
  • 2F西の貴賓室へ。ベッドで休むとイベント。
  • デルカダール王を追います。2Fに神父がいてセーブできます。
  • この後のボスは混乱攻撃が厄介なので対策できる装備があれば装備しましょう。
  • 玉座の間へ。魔道士ウルノーガとの戦いに。

魔道士ウルノーガ

PS4版魔道士ウルノーガ

回復はグレイグがNPCとして戦闘に参加。スクルトのほか、におうだちを使ってくれれば全てのダメージを引き受けてくれます。渾身斬りは100ほどのダメージにもなるのでなかなか頼りになります。
1ターン目でウルノーガの杖という敵を2体召喚します。ウルノーガの杖はイオラやヒャダルコを使います。杖は倒しても再び召喚されますが、全体呪文を連続して使われるのは厳しいので召喚されたら1体は倒しましょう。
ウルノーガはドルクマ、ドルモーアのほか、メダパニーマも使ってきますが、最も脅威なのは「冥界のきり」。回復を行うとダメージになってしまうというもので、これを使われると回復ができなくなってしまいます。効果は3ターン持続するため、この間どうにか耐えなければなりません。特技や呪文だけでなく、やくそうなども同様にダメージになってしまいます。基本的には防御して耐えましょう。耐久力を上げるため、きりを使われる前からベロニカのマジックバリアをできるだけかけるようにこころがけましょう。冥界のきりを使うタイミングは、ウルノーガの杖を呼び出してから3ターン目後で、これは毎回同じタイミングのようです。絶対に先に行動するくらいすばやさに差がない限りは、このターンで回復するのは控えましょう。HPが少なくなったらキャラ入れ替え。HPは2000ほど。
詳細な攻略はこちら

チャート

  • 朝になったら玉座の間へ。
  • 3階のバルコニーへ。
  • サマディー地方のバクラバ砂丘へ行くことに。グレイグが仲間になります。

入手アイテム

今回初めて入手できるもののみ記載

PS4版

宝箱
  • ごうけつのうでわ
タル・タンス
  • ちいさなメダル
  • ステテコパンツ
キラキラの採取ポイント
  • ユグノア金貨

3DS版

宝箱
  • ごうけつのうでわ
ツボ・タル・タンス・本棚
  • ステテコパンツ
  • ちいさなメダル
  • たびびとの服
  • ちょうのはね
  • しんこうのたね
  • 30G
  • 上やくそう
  • まほうの小ビン
  • ちいさなメダル
キラキラの採取ポイント
  • ユグノア金貨

会話テキスト

玉座の間

デルカダール王「よくぞ参った 勇者 ○○よ。
こうして そなたを ふたたび
迎えいれることができて うれしく思うぞ。
「ホメロスに たぶらかされた わしは
長い間 勇者こそ 災いを呼ぶ
悪魔の子だと 思い込んできたが……
「○○。よくぞ ホメロスを討ち果たし
我が娘 マルティナを見つけてきてくれた。
おかげで ようやく 目が覚めたぞ。
「それから おぬしに会わせたい相手がいるのだ。
のう? グレイグよ……。

グレイグ「はっ。

エマ「○○……○○っ!
私よっ! 幼なじみのエマよ!
「よかった ○○……無事だったのね。
……ひどい ウワサばかり聞いて……
私……わたしっ……。
「……あなたが お城に旅立って すぐのことよ。
ホメロスという将軍が 大勢の兵士を引き連れて
イシの村に やってきたの。
「血の通わない 冷たい目をした その将軍は
私たちを 村の広場に集めて
兵士たちに 命じたわ…………皆殺しだと。
「……でも 遅れて現れた
グレイグ将軍が ホメロスを止めて
私たちを かくまってくださってね。
「長い間 お城に閉じ込められたままだったけど
あなたが 本当の勇者ということが わかって
出してもらえることになったのよ。

ぺルラ「○○……本当に よくがんばったね。
天国のおじいちゃんも きっと
今のお前を見たら よろこぶはずだよ。

デルカダール王「さあ 勇者 ○○よ。
急な準備ゆえ たいしたもてなしも できぬが
今日は ぞんぶんに 宴を楽しんでくれ。

デルカダール王「皆の者! 心して聞け!
この日より ○○を 真の勇者と認め
その名を たたえるものとする!

兵士「勇者 ○○さま ばんざい!
「勇者 ○○さまに 栄光あれ!!

その日は 夜おそくまで
宴が もよおされた。
ある者は歌い ある者は踊って
○○たちの活躍を たたえた。
そして その夜……。

貴賓室で眠った後

デルカダール王「ぐあっ……!!

デルカダール王「なぜだ……なぜ 剣に触れられぬ!
まさか このチカラは……!

デルカダール王「貴様! そのつるぎを……
勇者のつるぎを 私に よこせっ!!

仲間たち「いったいなんの騒ぎ!?
○○ど どうしたの!?

グレイグ「姫さま……これはっ!?

マルティナ「やっぱり あなたは お父さまじゃない……。
いえ……どうやら 人ですらないようね。

ロウ「なんとなく 感づいておったよ……
デルカダール王と 何十年も 親交のあった
わしの目を ごまかせるわけがなかろう。

カミュ「宴まで ひらいて 王になりきるとはな……。
まったく とんだタヌキが いたもんだぜ。

デルカダール王「……ちっ!

マルティナ「消えた……!?

ベロニカ「ちょっと! 出てきなさい ひきょう者!
王さまに なりすましたり
逃げまわったり セコいヤツね!

マルティナ「まだ 遠くへ逃げていないはずよ!
○○! 早く 後を追いましょう!

魔導士ウルノーガ戦前

ベロニカ「ずいぶん 手間をかけさせてくれたわね……。
この ベロニカさまから 逃げようったって
そうは いかないわよ。

セーニャ「デルカダール国王に化けた 悪しき魔物よ。
観念して 正体を明かしなさい!

デルカダール王「ククク……ハハハハ……!

ウルノーガ「我は 魔導士ウルノーガ……。
16年前に ユグノア王国を滅ぼし
デルカダール王に なりかわった者……。

ウルノーガ「今まで 貴様を追いまわしていたのも
すべては 勇者のチカラを利用して
勇者のつるぎを奪い 大樹の魂を得るため……。
「だが 勇者のつるぎが 貴様の手に渡った今
もはや 手段は選ばぬ!
この玉座の間が 貴様らの死に場所となるのだ!

グレイグ「ウルノーガ……気様……!
今までずっと 王に取り憑いて
私を たばかってきたというのか!

ウルノーガ「グレイグよ……貴様は よい手駒であった。
あせらずとも すぐに
天国の家族のもとへ 送ってやろう。

グレイグ「貴様 まさか……
我が祖国 バンデルフォン王国を……!

マルティナ「生まれたばかりの ○○を襲い……。
ユグノア王国を滅ぼし……。
「そして 私たちの16年を奪った
あなただけは 許せない!
この無念……思い知らせてあげるわ!

グレイグ「○○よ……私も 戦わせてもらう。
こいつは 私の家族と友を奪った
仇でもあるのだからな!

カミュ「○○!
こいつが お前の運命を狂わせた元凶だ。
チカラの限りを尽くして 戦うぞ!

ウルノーガ「来るがよい ○○!
貴様のチカラを奪い 地上の生命すべてを
我が供物にしてくれよう!

魔導士ウルノーガ戦後

ウルノーガ「グオオオォォォッ…………!!

ウルノーガ「ク……ククク……。
「…………。
「時を さかのぼってきたのは
お前だけだと 思うなよ……。
「……ぐふっ!

デルカダール王「う うぅ……。

マルティナ「……!

マルティナ「お父さま……お父さまっ!
どうか 目を開けてください……!

デルカダール王「う うぅ……マルティナ?
まさか そなた マルティナなのか……?
「ずいぶん 長い夢を見ていたようだ……。
ユグノア王国が 魔物たちに襲われてから
わしは いったい 何を……?
「おぉ……! それは 勇者の紋章……。
「あの時の赤子が なんと
たくましく 成長したことよ……!
「そなたには きちんと話をしたいところだが
まだ 身体が いうことをきかぬ……。
「ゴホッ ゴホッ……!

マルティナ「お父さま……!
あまり しゃべっては いけません。
ひとまず 身体を休めましょう。
「私は お父さまの容体を みることにするわ。
○○。明日になったら また
この玉座の間まで 来てちょうだい。

シルビア「マルティナちゃんは 16年ぶりに
パパに会えたんだもの……。
ふたりだけに させてあげましょ。

デルカダール王が 魔物に取り憑かれていたことは
たちどころに 城じゅうに広まった。
本物の王は すぐさま 介抱あsれ……
○○たちは 王の目覚めを待ちながら
ひと晩 休むことにした。
そして その夜……。

玉座の間でのイベント

デルカダール王「話は 臣下たちと マルティナから聞いた。
わしは 悪夢に とらわれている間
ずいぶん ひどい王だったようだな……。
「そなたがいなければ この国は……。
いや この世界は ウルノーガに焼き尽くされ
地上の命は 絶えていたことだろう。
「○○よ! よくぞ 悪しき元凶 ウルノーガを倒し
ロトゼタシアを救ってくれた!
「そなたこそ いにしえの勇者
ローシュの名を継ぐに ふさわしい若者!
今ここに 勇者の称号を授けよう!

カミュ「オレたち とうとう やったんだな。

セーニャ「お姉さま……?

ベロニカ「……ごめんなさい。
今こうして みんなと この場にいることが
なんだか すごく幸せな気がして……。

セーニャ「イヤですわ お姉さまったら。
私たちは いつだって
一緒だったじゃありませんか。

ベロニカ「ええ そうよね。変よね……。

ベロニカ「ありがとう ○○……。

カミュ「なんだ? 急に 暗くなりやがった……。

セーニャ「とてつもなく 邪悪な気配を感じます……。
このチカラ……いったい どこから……?

カミュ「そういえば ウルノーガが
最後に 変なこと言ってたよな。
「時を さかのぼってきたのは
お前だけだと 思うなよ……とか。
あれは いったい どういうことだ……。

兵士「王さま 大変です!
ただちに バルコニーへ お急ぎください!
「勇者の星に 異変が……!

デルカダール王「……なんだと!?
「○○よ! わしは 先に
3階の バルコニーへ向かう!
そなたたちも 急いで来るがよい!

バルコニーのイベント

デルカダール王「なんと まがまがしい空の色だ。

ベロニカ「……みんな! あれを見て!

ロウ「勇者の星が 堕ちているのか……?

「カツテ ワガ肉体ハ
ウルノーガニ 滅ボサレタ……。
ダガ……

ムービー

ウルノーガ亡キ今
邪魔スル者ハイナイ

ムービー後

デルカダール王「勇者の星が 落ちてしまったのか……?
いったい 何が起ころうというのじゃ……。
「○○よ。
何やら 胸騒ぎがしてならん。
勇者の星の様子を 見てきてくれぬか。
「勇者の星が落ちたのは バクラバ砂丘の方角。
デルカコスタ地方へ おもむけば
何やら 見えるやもしれん。

グレイグ「王よ。私も ○○と共に行きます。

グレイグ「○○よ。
これまで 勇者に刃を向けてきた つぐないは
勇者の助けになることで 果たさせてほしい。
「まだ 俺にも 守るべきものがある。
○○が 世界を救う 勇者なら
……オレは 勇者を守る盾となろう。

グレイグが 仲間に加わった!

仲間会話

デルカダール王を追って玉座の間に行く時

シルビア「王さまのフリをしていた 悪い魔物ちゃんは
なんのために ○○ちゃんが
寝ているところを 襲ったのかしら。
「そういえば ○○ちゃんの部屋に来る前
勇者のつるぎを よこせって声が
聞こえたような気がしたけど……。

セーニャ「○○さま 大丈夫ですか?
とりあえず 何事もなく
本当に ホッとしましたわ……。

マルティナ「勇者を 悪魔の子と呼び
デルカダールで暗躍していた 邪悪の化身……。
まさか お父さまが……。

カミュ「あの野郎……わざわざ 宴まで開いておいて
王に なりすまそうなんて
とんだ タヌキがいたもんだぜ。
「行くぞ ○○。
まあ 遠くには行ってないはずだ。

ロウ「デルカダール王はな……。
ユグノア王国が あのようになったことを
軽々しく ねぎらうような男ではなかった。
「このわしを たばかろうなどと
あの魔物 そうとう肝のすわったヤツと見える。
○○よ……油断をするでないぞ。

ベロニカ「ずいぶん 手間をかけさせてくれたわね……。
勇者の 寝込みを襲うなんて
身の程知らずなヤツが いたもんだわ。
「さあ あの魔物を追いかけるわよ
このベロニカさまから 逃げようったって
そうは いかないんだから!

バルコニーへ向かう時

カミュ「時を さかのぼってきたのは
お前だけだと 思うなよ……か。
「お前ってのは ○○のことだよな?
ったく ウルノーガの野郎
ワケわかんねえこと 言いやがって。

マルティナ「急ぎましょう ○○!
勇者の星に 異変なんて……。
何か とてつもないことが 起きてるはずよ。

セーニャ「勇者の星は ○○さまの象徴……。
いったい 勇者の星に
何が起こったというのでしょう……。

ロウ「やれやれ。ウルノーガを倒したことを
エレノアたちに 教えてやろうと思うたが
もう少し先に なりそうじゃのう……。

ベロニカ「どうしたの? ○○!
のんびり あたしの話を
聞いてる場合じゃないでしょ!
「早く お城の3階にあるという
バルコニーに 向かうわよ!
勇者の星のことを 確かめなきゃ……!

シルビア「ンもうっ! せっかく
ウルノーガを倒したっていうのに
今度は なんなのよ!?
「とにかく 王さまの後を追って
アタシたちも 3階へ 急ぎましょ!

グレイグ加入後

シルビア「ンもうっ! せっかく
ウルノーガを倒したっていうのに
今度は なんなのよ!?
「とにかく デルカコスタ地方へ 急ぎましょ!
急いで行けば デルカコスタ地方なんて
あっという間よ!

ロウ「やれやれ。ウルノーガを倒したことを
エレノアたちに 教えてやろうと思うたが
もう少し先に なりそうじゃのう……。
さあ ゆくぞ ○○。
ウルノーガ亡き今 わしらの新たな目的は
落ちた勇者の星の正体を 突き止めることじゃ。

ベロニカ「魔導士 ウルノーガ…t。
アイツは 勇者のつるぎを奪って
何を しようとしていたのかしら……。
「命の大樹に やってきたのは
勇者のつるぎを 奪うため?
いったい なんのために……?

グレイグ「○○。これまで 悪魔の子などと呼んで
追いまわしてきた俺を 仲間として
受け入れてくれたこと……感謝しているぞ。
「まだ 俺にも 守るべきものがある。
○○が 世界を救う 勇者なら
……俺は 勇者を守る盾となろう。

マルティナ「グレイグは デルカダールが誇る猛将……。
敵に回した時は 厄介だったけど
味方になれば 彼ほど 心強い者はいないわ。
「さあ ○○
勇者の星の様子を見にいきましょう。
デルカコスタ地方へ急ぐわよ。

セーニャ「勇者の星は ○○さまの象徴……。
いったい 勇者の星に
何が起こったというのでしょう……。
「行きましょう ○○さま。
私たちの 冒険の旅は
まだ 終わりではないようですわ。

情報提供フォーム

名前

内容

  

攻略チャート

各種データ

PS4・3DS固有の要素

寄り道コンテンツ

その他コンテンツ

ドラクエ11最新情報

ドラクエ30周年企画