指輪と紋章士・エンゲージ

本作の戦闘における最大の特徴は誰もが装備可能な「指輪」を使って「紋章士」の力を借りられること。
紋章士はファイアーエムブレム歴代の主人公たちとなっている。
さらに紋章士と「エンゲージ(合体)」することで紋章士の力をより深く借り、強力なスキル、技を使用可能になる。
詳しくは紋章士参照。

戦闘スタイル

ユニットは「竜族」「騎馬」「魔道」「気功」「連携」「重装」「飛行」「隠密」などの様々な「戦闘スタイル」を持つ。
それぞれ何らかの特色を持っており、また特定の武器が弱点になっている場合などもあるため、場合によってはこれを重要な材料として行動を決定する必要もある。

ターゲット選択

ユニットを選択するとそのユニットが移動できる範囲が青色、攻撃できる範囲が赤色で表示される。

攻撃可能な位置にいる敵ユニットを選ぶと、自軍ユニットと敵ユニットの情報が画面左右に表示される。
以下の情報が表示されている。

  • 装備している武器
  • 攻撃力
  • 攻撃が当たる確率
  • 必殺(与えるダメージ数倍に)が発生する確率
  • 交戦により与えるダメージと受けるダメージ

地形ごとに何らかの地形効果が発生する場合があり、主に命中/回避率に影響を与える。

敵との交戦

攻撃する敵を選択して戦闘を開始すると戦闘画面に切り替わる。
まず自軍ユニットから攻撃を仕掛け、敵が反撃を行う。
この際の攻撃が当たる確率は表示されている通りで、当たる場合と外れる場合がある。

「速さ」の値に一定以上の差がある場合は敵の反撃の後にもう一度攻撃が可能となる。

HPが0になった方は倒れ、マップ上から消滅する。

武器の相性とブレイク

各ユニットは兵種ごとに決められた武器を装備できる。
武器はそれぞれ相性がある。剣、槍、斧は3すくみになっている。

  • 剣は斧に強く槍に弱い
  • 槍は剣に強く斧に弱い
  • 斧は槍に強く剣に弱い

また、「弓」「魔道書」「短剣」に対しては「体術」が強い。

相手が装備する武器に対して有利な武器を装備して敵を攻撃し、命中すると「ブレイク」が発生する。
ブレイク状態にした敵は、次の戦闘が終わるまで反撃できなくなる。

会話

「…」という会話アイコンが表示されているユニットは隣接して「会話」コマンドを使って話しかけることができる。
会話することで味方になる場合もある。特定のキャラでしか会話できないこともある。