ストーリー

隣り合うふたつの星、ダナとレナ。

300年前自然あふれる世界であったダナは、高度な科学や魔法が発達したレナから突然の侵攻を受けて以来、終わりなき隷属を強いられることとなった。

ある日、鉄仮面に顔を覆われたダナの青年と、同族から追われるレナの少女が出会った。
この思いがけない邂逅はふたつの星の運命を揺るがす物語の始まりに過ぎなかった──

地域解説

カラグリア

劫火と灰渦巻く国、オルブス・カラグリア。
岩と砂だらけの不毛の大地は、いたるところで炎を噴き上げ、その煙が陽光を曇らせる。
頭上では燃料を精製するための巨大な機械がゆっくりと動いており、その動力の大半は人力で賄われている。

シスロディア

かつて、輝き宿る国と呼ばれたシスロディア。
絶えず降りしきる雪とレナ人の敷いた体制のもので、人々は支配者ばかりか同胞からすら身を守らなくてはならない。
その国土で最も強い輝きを放つのは、皮肉にもダナ人たちの労役によって作り出される人工の光だ。