バトルメンバー

戦闘に参加するメンバーは4人。
主人公+3体の仲魔の編成をあらかじめ設定する。

エンカウント

フィールド上で敵シンボルと接触すると戦闘画面に切り替わって戦闘になる。

味方ターンと敵ターン

戦闘は味方ターンと敵ターンが交互に切り替わって行われる。
それぞれのターンはプレスターンアイコンを全て消費するまで継続するため、何回行動すれば終了するかは固定ではなく、変動する。
ターン中の行動順番はステータスの「速」が高い順番で回ってきて、回ってきたキャラは行動を選択する。選択後すぐにそれが行われ、それが終わると次のキャラの行動を選択する。

プレスターンシステム

女神転生シリーズの戦闘の最大の特徴がプレスターンシステム。
味方、敵ターンはどちらもプレスターンアイコンがある限り(初期状態で4つ)行動できるが、相手の弱点を突くことでアイコンの消費は抑えられる。
逆に、攻撃対象に吸収や反射されてしまった場合は一気にアイコンが消費されてしまいターンが終わってしまう。
以下がそれぞれの場合のプレスターンアイコン減少数(真4Fの場合)。

  • 通常or耐性:攻撃側のプレスターンアイコンが1個消費
  • 弱点:攻撃側のプレスターンアイコンが1個の半分消費
  • 無効:攻撃側のプレスターンアイコンが2個消失
  • 吸収:攻撃側のプレスターンアイコンが全消失
  • 反射:攻撃側のプレスターンアイコンが全消失

相手の弱点、耐性属性、相手が使う攻撃属性を把握するのは極めて重要なことになる。
攻撃時には対象の悪魔の属性耐性が表示されるが、最初に遭遇した悪魔は属性が「?」になっているため最初から弱点が分かるわけではない。

ステータスの意味

戦闘に関連するパラメータは「力」「体」「魔」「速」「運」の5つがある。
それぞれ戦闘において以下のような意味合いがある(現状は過去作での意味合い)。

  • 力:物理攻撃の攻撃力
  • 魔:魔法属性の攻撃力
  • 速:戦闘中の行動順、先制攻撃の確率、攻撃の命中率/回避率、状態異常の付与確率、戦闘の逃走確率
  • 運:先制攻撃の確率、攻撃の命中率/回避率、状態異常の付与確率、戦闘の逃走確率

属性の種類と耐性

本作での攻撃属性は8種類存在する。物理属性スキルは「力」が高いほど威力が上がり、それ以外の7種類はほとんどの場合は「魔」が高いほど威力が上がる。

  • 物理:物理属性は様々なスキルが存在する。
  • 火炎:主にアギ系のスキルが該当。
  • 氷結:主にブフ系のスキルが該当。
  • 電撃:主にジオ系のスキルが該当。
  • 衝撃:主にザン系のスキルが該当。
  • 破魔:主にハマ系のスキルが該当。
  • 呪殺:主にムド系のスキルが該当。
  • 万能:主にメギド系のスキルが該当。ステータス欄に表示されない属性で、ほぼ例外なくすべての悪魔に対して有効となり軽減する方法はない。ただし弱点属性になることもない。

属性に対して悪魔ごとに「耐性」「無効」「吸収」の場合がある。
これはステータスで見ることができる。

  • 通常:弱点でも耐性でもない場合。スキル本来の威力が発揮される。
  • 耐性:耐性がある場合。通常より効果が弱くなる。
  • 無効:無効化されてダメージ0となる。
  • 吸収:吸収してHP回復する。
  • 反射:ダメージを反射する。

オートバトル

戦闘中はXボタンを押すことで「オートバトル」にすることができる。
行動選択することなく戦闘を行うことができるもので、選択した場合は味方キャラが通常攻撃のみを行うようになる。
通常攻撃は威力の低い物理属性攻撃であるので、オートバトルが使えるのはかなり格下の弱い敵が相手の場合に限られる。