見極めについて

見極め

相手の攻撃に対してギリギリまで引き付けてガードすると「見極め」が発生する。いわゆるジャストガード。
成功させると通常のガードとは違い、青いエフェクトが発生する。見極めには以下のような特徴がある。

まず、削りダメージが無効になる。
必殺技はガードしてもわずかに体力を削られてしまうが、これを無効化する事が出来る。残り体力がほぼ0の状態になり必殺技をガードしたら倒れてしまうような状況でも、見極めを成功させることが出来れば粘る事が出来る。

次に、怒りゲージの上昇効果がある。
怒りゲージは基本的には相手からの攻撃を受けてダメージを受ける事で上昇するが、見極めを成功させる事が出来ればノーダメージで怒りゲージを上昇させることができる。今回はこのシステムがあるため、相手が飛び道具を使ってきたら怒りゲージを上昇させるために利用できる。逆に、飛び道具持ちとしては安易に連発するだけだとむしろ相手を強化させてしまうことになる。

最後に、見極めが成功した場合にのみ出せるアクションの「押し返し」がある。以下解説。

押し返しについて

押し返し

見極めを成功させた場合に弱斬り+中斬り、またはR1を入力すると「押し返し」が発生する。
これはガードした状態から体当たりを繰り出すアクションであり、当たると相手を大きく吹き飛ばして仕切り直しにする事が出来る。

ただし、押し返しにはダメージは無い。そのため、中斬り、強斬りをガードした場合は別の技を使って反撃してダメージを与えた方が良い。

発生はかなり早いが、押し返し自体には無敵時間が存在しないため、多段ヒットする攻撃の初段に対して出したりすると潰されてしまう可能性がある。

ドロップダウンメニュー

基本情報

ゲームモード

キャラクターデータ