ストーリーモードについて

選択したキャラクターを使ってCPU戦を勝ち抜いていき、ストーリーを楽しむ事が出来るモード。
モード選択後、キャラクターを選んでゲーム開始するとまずキャラを問わない共通のストーリーが流れ、その後に各キャラ別のストーリーが流れる。

3戦目の後、6戦目の後には中間デモが流れる。8戦目はランダムではなく特定の決められた因縁の相手との対戦になる。そして9戦目ではラスボスの「静御前」との戦いになる。攻略はボス・静御前攻略参照。これに勝利すれば各キャラのエンディングの後、スタッフロールが流れる。
各キャラのプロローグやエピローグを見るとギャラリーモードの一覧に追加される。
また、ストーリーモードクリア後はタイトル画面に戻るが、この時のタイトルコールがクリアしたキャラのものになる。

OPのストーリーテキスト、次の対戦相手との戦いの前の演出は□ボタンを押すとスキップする事が出来る。

共通ストーリー

時は天明七年
先の日輪國での大乱と
時を同じくして
老中 田沼意次が失脚
新たに老中の任に就いた
松平定信により
寛政の改革が執り行われた
しかし各地の飢饉や大火
打ち壊しによる混乱は猖獗を極め
悪気 邪気とも言える暗雲は
今や日ノ本全土を覆わんとしていた

各キャラの8戦目の相手

覇王丸 ナコルル 服部半蔵 ガルフォード 橘右京
牙神幻十郎 ガルフォード 鞍馬夜叉丸 アースクェイク 覇王丸
千両狂死郎 柳生十兵衛 タムタム シャルロット 牙神幻十郎
橘右京 服部半蔵 千両狂死郎 ナコルル
アースクェイク 徳川慶寅 鞍馬夜叉丸 ダーリィ・ダガー
ダーリィ・ダガー 呉瑞香 柳生十兵衛 徳川慶寅 タムタム
呉瑞香
シャルロット

ノーコンテニュークリア方法

ストーリーモードをノーコンテニューでクリアした場合、ギャラリーの「アートワーク」の各キャラの一枚絵、それに「ボイス」の「コングラチュレーション」が開放される。コングラチュレーションボイスは1〜4まであり、ノーコンテニューを1回達成するたびに次が開放される。

ノーコンテニューを達成するためには、オプションでCPU難易度を最低の1にして挑めば簡単。どの相手もほとんど動かずガードもしないためやられる事はまずない。ボスも攻撃頻度が非常に低くなる。
また、単純にギャラリー開放のためにプレイするならば短時間で終わらせるため、ラウンド数も1に設定した方が良い。

ドロップダウンメニュー

基本情報

ゲームモード

キャラクターデータ