テキストは公式サイトより引用

ライザリン・シュタウト(ライザ)

「平凡から抜け出した、若き錬金術士」

CV:のぐちゆり
かつて破天荒だった少女は、年を重ねることで「親しみのあるお姉さん」へと成長を遂げ、今では頼りになる存在としてさまざまな依頼を任されるようになった。
持ち前のここぞというときの発想力はさらに磨きがかかり、大事な場面では突破口となるようなアイデアの閃きを見せる。

クラウディア・バレンツ

「壮大な野望を秘めた大商人の才媛」

CV:大和田仁美
聡明なやり手の仕事人であり、商家の一人娘。
今では商会内での地位を固め、成長部署を任されるほどになっている。
王都を離れていたが、ライザからの招集を受け、 再び、ひと夏の冒険に足を踏み入れることとなる。聡

タオ・モンガルテン

「人生の分かれ道に立った悩める博学の青年」

CV:寺島惇太
王都で学生を続けつつ、遺跡研究にも変わらず精を出す。
外見や物言いは大人びて、遺跡探検に軽く出かけられるほどの力も身につけたが、根っこの部分は読書家の少年から変わらない。
カーク諸島で出会った遺跡には興味深々なようで、持っている知識を存分に発揮している。

レント・マルスリンク

「誠実な心で己の信じた道を進む、流浪の戦士」

CV:寺島拓篤
常識人で謙虚、かつ誠実な性格を持つ。
平たく言えば「頼りになるいい奴」。
島を離れて、一人旅で武者修行を続けていたところ、クラウディアと同じくライザに招集され、再び旧友たちとの新たな冒険に臨むこととなる。

ボオス・ブルネン

「友と旅するために、修行を続けてきた青年」

CV:阿座上洋平
ライザたちの故郷の有力者、ブルネン家の跡取り。
かつては些細な行き違いからライザたちといがみ合う関係にあったが、今は和解し、生真面目な人物へと立ち返っている。
ただ、ライザたちに対する憎まれ口は今もなお健在。
幼馴染みたちと冒険を共にするのは彼の秘めたる憧れの一つだった。