解説動画

画質向上

4K対応になり、テクスチャー、エフェクト、ライティングが美麗になっている。

グラフィックス設定

グラフィックを重視する「グラフィックモード」と、60FPSでなめらかな動きを実現する「パフォーマンスモード」の2つをオプションから選択できる。

難易度NORMAL(CLASSIC)

オリジナル版では難易度は「CLASSIC」「EASY」「NORMAL」の3つ(ゲームクリア後にHARD追加)だったが、INTERGRADEでは初期状態で「EASY(CLASSIC)」「EASY」「NORAMAL(CLASSIC)」「NORMAL」の4つになっている。新たに追加された「NORMAL(CLASSIC)」は難易度がNORMAL相当で、戦闘時のアクションが自動で行われるものになっている。

ロード短縮

オリジナル版と比較してロード時間が大幅に短縮されている。
動画では例としてセーブデータロードから操作可能になるまでの時間を出しているが、わずか数秒でロードが完了している。

フォトモード

任意のタイミングでフォトモードを起動して撮影が可能。
角度を変更させられるだけでなくフィルターもかけられる。

ユフィエピソード

FF7オリジナル版でパーティキャラクターの1人として登場したユフィが主役のエピソードが追加されている。ユフィの仲間として「ソノン」も共に行動する。

召喚獣ラムウ

ユフィエピソードで使える召喚獣として雷を操るラムウが登場する。

コンドルフォート

オリジナル版でもミニゲームとしてあった「コンドルフォート」がユフィ編でプレイできる。
プレイする事で豪華マテリアを入手できるチャンスがある。

その他変更点

ガード不能攻撃が明確に

INTERGRADEでは敵のガード不能攻撃に「!」マークが表示されるようになった。

INTERmission

データベース

その他