このページの情報は公式サイトから参照。

スキャン

街の中で使うことができるサイキック「スキャン」。
特定のボタンを押すと「スキャン」状態になり、人々の思考の断片を読み取ったり、敵であるノイズの姿が見えるようになる。

スキャンすると渋谷の街を歩く人々の思考の断片を読み取れるようになる。
中には重要な情報が含まれていることも…?
こまめにいろいろな人の心の声をチェックしてみよう。

スキャン中にノイズシンボルに近づくと、プレイヤーを追ってくる。
ノイズシンボルに接触するとバトルへと突入。
一定時間内に複数のノイズシンボルに触れると連戦になる。

サイキック

主人公リンドウはじめ、各キャラは固有サイキックを持っている。
リンドウは「リスタート」というサイキックを持つ。
これは同日の過去の時間に戻ることができる能力で、過去の時間で行動を修正し、未来を変えられるため、死神のゲームにおける強力な武器となる。

チームバトル

バトルはチームで行う。
チームメンバーはひとつずつバッジを装備でき、バッジに対応したボタンを押すことで、それぞれのサイキック(技)が発動する。簡単な操作で軽快なサイキックバトルが展開していく。

バッジ

キャラがバトルで使うサイキックは、バッジを付け替えることで変更可能。
攻撃、回復、サポートなど多彩な効果を秘めているバッジは300種類以上存在。例えば以下のようなバッジが存在する。

  • アザマル:「ショックウェイブ」というサイキックを秘めたバッジ。炎の剣で連続攻撃し、最後は高くジャンプしてから斬り下ろす。
  • エンジェルキック:鋭い飛び蹴りを放つサイキック「マッシヴアタック」が使える。最大までチャージすると敵を吹き飛ばせる。
  • アイスドールハウス:巨大な氷柱でターゲットを突き上げる「ピアシングピラー」を発動できる。敵を宙に打ち上げることができる。

エネミー

「死神のゲーム」の参加者たちに襲い掛かってくる「ノイズ」。
「死神のゲーム」では「ノイズを倒す」というミッションが与えられることがあるほか、倒せばバッジなどを獲得できるため、避けては通れない存在。
小型で群れをなすものから、超大型の強力なボスまで、その種類は様々。