ハッピーダンガンロンパSについて

本作ハッピーダンガンロンパSは、2017年に発売した「NEWダンガンロンパV3」のおまけモードとして存在したボードゲーム「超高校級の才能育成計画」をベースとし、大幅にパワーアップさせた作品となっている。
登場キャラクターは「ダンガンロンパ」、「スーパーダンガンロンパ2」、「NEWダンガンロンパV3」のキャラに加え、さらに外伝作品「絶対絶望少女」のキャラクターも登場する。

南国リゾートで、スーパーダンガンロンパ2の舞台でもある「ジャバウォック島」が本作の舞台。
キャラを選択し、50ターン(50日)の南国合宿の間、育成やバトルを行う。

ジャバウォック島は5つの島で構成されているが、初期状態では全ての島を巡ることは難しいが、「育成」「バトル」「購買部」によりキャラを鍛え上げ、繰り返しプレイすることでジャバウォック島の踏破を目指す。
また、鍛えたキャラを使って戦闘がメインの「絶望の塔」に挑むこともできる。

育成

サイコロを振って出た目の分だけ進み、止まったマスによって様々なイベントが発生する。
レベルアップによる成長に加え、「成長マス」でのパラメータアップ、「イベントマス」でキャラクターとの交流を経験したりすることで、能力はアップする。

モノクマが配置したモンスターやボスとのバトルが発生する「バトルマス」も存在。
「才能マス」では「才能のカケラ」が手に入り、それを消費してスキルを習得するとキャラクターを強化できる。
そのほかにも、お店や宝箱から武器・防具を入手してキャラクターを強化したり、便利な効果を持つカードを使うこともできる。

バトル

ボードゲームにある「バトルマス」とは別にバトルモードが存在。育成したキャラクターで最大4人のパーティーを編成し、モノクマ型モンスターの待ち構える全200階層の「絶望の塔」に挑む。「NEWダンガンロンパV3」に存在した「絶望のダンジョン モノクマの試練」に近いものと思われる。
「絶望の塔」では、現れた敵を全滅させると次の敵が出現するウェーブ形式のバトルが展開され、バトルに勝利するとモノクマメダルを入手できる。バトルに勝利するには、キャラクターのレベルだけでなく、スキルの習得や装備を整えることも重要。

購買部

購買部では、バトルで入手したモノクマメダルを消費して、育成可能なキャラクターや育成を補助するアイテムなどが手に入るモノモノマシーンを利用できる。同じキャラクターでも、レア度が高いほど育成での成長が早くなる。