白示録図

=足跡  =分岐点 =章の始め  =依頼・クエスト  =パラレル

最終章の白示録

最終章

正伝
ハイスを追って 出現タイミング 正伝最終章開始時
ルート 正伝 種類 章の始め
エルーカ殺害に失敗したハイス。彼は時間を移動し、王宮にある王族の間に侵入する。
一方ストックもハイスを追い、王族の間へ向かう。ついに、操魔の書にまつわる最期の戦いが始まる。
武王の剣 出現タイミング 書庫でのイベント後
ルート 正伝 種類 足跡
そんなストックたちの行く手をハイスの使途がはばむ。ガーランドはその者たちを引き受け、ストックを守る。
道なき道 出現タイミング 王族の間で浮遊石を倒す
ルート 正伝 種類 足跡
エルーカの下へ急ぐストックたちは、奇妙な大石が浮かぶ広間にたどり着く。
黒の力の守護者たち 出現タイミング リプティとティオとの会話後
ルート 正伝 種類 分岐点
先へ進む道は閉ざされていた。どうやら、通路を封じている四つの黒の力を断ち切らねばならないようだ。
黒き死神 出現タイミング 死神パロミデス撃破
ルート 正伝 種類 足跡
黒の守護者と化した死神パロミデスを倒し、一つ目の黒の力を解除した。
黒き武王 出現タイミング 武王ガーランド撃破
ルート 正伝 種類 足跡
黒の守護者と化した武王ガーランドを倒し、二つ目の黒の力を解除した。
黒き魔獣 出現タイミング モリビト撃破
ルート 正伝 種類 足跡
黒の守護者と化したウォルフ遺跡の大グモを倒し、三つ目の黒の力を解除した。
黒き女神 出現タイミング 双剣ビオラ撃破
ルート 正伝 種類 足跡
黒の守護者と化した戦女神ビオラ准将を倒し、最期の黒の力を解除した。
凶兆 出現タイミング 閉ざされた扉の先でのイベント
ルート 正伝 種類 足跡
立ちふさがるディアスから気絶したエルーカを助ける。共にいたセルバンは、ハイスと王族の間へ向かったようだ。
だがハイスにそそのかされたディアスとセルバンはあっけない最期をとげる。
決戦の地へ 出現タイミング 最深部でのリプティとティオとの会話後
ルート 正伝 種類 分岐点
ついにハイスとの最期の戦いが始まろうとしていた。リプティとティオに決意を告げストックは王族の間へ向かう。
アポクリファ 出現タイミング ゲームクリア後
ルート 正伝 種類 足跡
多くの人々の魂をその身に取り込み、ストックを迎え撃つハイス。
しかしその力よりも、決意をかためたストックの力の方が上回っていた。
操魔の儀式 出現タイミング ゲームクリア後
ルート 正伝 種類 足跡
激闘の末、力尽きたハイス。ストックらは元の時代に帰還を果たす。
だが操魔の暴走を止めなければ世界は滅ぶ。これをしずめるには王家による操魔の儀式が必要であった。
約束 出現タイミング ゲームクリア後
ルート 正伝 種類 足跡
グラン平原で失った部下たちの墓参りをするロッシュ。古くからロッシュを知るソニアも、それに立ちあう。
ロッシュとソニアはストックと亡き部下たちに、世界を守ると改めてちかうのだった。
鉄腕の将軍 出現タイミング 異伝第1章の依頼「大切な日」をクリアした上でゲームクリア
ルート 正伝 種類 足跡
全ての戦いを終え、ロッシュはアリステルの将軍になった。そしてソニアと、そいとげる
静かなる女神 出現タイミング 異伝第1章の依頼「明日への手紙」をクリアした上でゲームクリア
ルート 正伝 種類 足跡
あの戦いの中で、奇跡的に一命をとりとめたビオラ准将。彼女は病気と戦いながら、平和になった世界を見つめる。
儀式を司る者 出現タイミング 正伝第1章の依頼「王の娘」をクリアした上でゲームクリア
ルート 正伝 種類 正伝
悲しみを乗り越えたエルーカは女王として、儀式を行い続ける。その目には兄からもらった強さがたしかに宿っていた。
シャーマン 出現タイミング 異伝第3章の依頼「さまよえる魂」をクリアした上でゲームクリア
ルート 正伝 種類 足跡
ストックとの別れを経たアトはシャーマンとしての自覚を持ち彼の救った世界を守るために各地を旅するのであった。
優しき獣神 出現タイミング 異伝第5章の依頼「獣神誕生」をクリアした上でゲームクリア
ルート 正伝 種類 足跡
本当の強さとは何か?ガフカは子供たちに説く。それは武を極め、ストックの生き様を見た彼だからこそ言えることであった。
戦士の恋 出現タイミング 異伝第5章の依頼「旅の終わり」をクリアした上でゲームクリア
ルート 正伝 種類 足跡
戦いが終わって誰もが浮かれる中レイニーだけは違った。ストックと交わした約束のため彼女はいつまでも待ち続ける。
小さな勇者 出現タイミング 正伝第5章の依頼「望まれぬ再会」をクリアした上でゲームクリア
ルート 正伝 種類 足跡
戦争の中、多くの知り合いを亡くしたマルコ。
生き残った者の義務として、これからの平和を守ることを心にちかうのだった。
時を見つめる者 出現タイミング 正伝第1章の依頼「受け継がれるもの」をクリアした上でゲームクリア
ルート 正伝 種類 足跡
帝国の滅亡からヒストリアで人々の歴史を見守るリプティとティオ。二人はこれからも人々を守り続けるだろう。
獣人の営み 出現タイミング 正伝第2章の依頼「人と獣人」をクリアした上でゲームクリア
ルート 正伝 種類 足跡
種族を越えて、心を通わせ、愛をはぐくむことは出来る。彼らの関係は人と獣人の関係を良い方向に変えていくだろう。
人の営み 出現タイミング レジスタンス関連の「ウィルの剣」「大切なもの」「ウィル見参」の刻印が出現した上でゲームクリア
ルート 正伝 種類 正伝
英雄たちの勝利の影に多くの名も無き人の働きがある。レジスタンスとしてエルーカを支え続けた彼らの働きは、人々の記憶に残り続けるだろう。
異伝
歴史の影の道化師 出現タイミング 異伝最終章開始時
ルート 異伝 種類 章の始め
グランオルグはエルーカの下平和を取り戻しつつあった。しかし歴史の影でうごめく者がまだ残っているのだ。
ハイスの企み 出現タイミング グランオルグ王宮でのイベント後
ルート 異伝 種類 足跡
グランオルグの王族の間に侵入したハイスは、エルーカの儀式を邪魔するため操魔の力をおさえてしまう。
ハイスはストックたちに、帝国跡地に来いと告げて消えた。
破滅の導き手 出現タイミング 帝国跡地遺跡B2F広場でのイベント
ルート 異伝 種類 足跡
ハイスは、救うに値しないためこの世界を滅ぼす…そして破滅の導き手としてストックを育てたと告げる。
その中でハイスは、ストックが自分と同じだと告げた。それは何を意味するのだろうか。
ニエ 出現タイミング 帝国跡地B1F広場でのイベント
ルート 異伝 種類 足跡
ストックとハイスの共通点。それは操魔の儀式のニエであるということだった。
先王ヴィクトールの弟であったハイスは、ニエとなる運命から逃げてアリステルに亡命した。
ハイスの狂気 出現タイミング ハイス撃破後
ルート 異伝 種類 足跡
世界に見捨てられたニエ同士仲間になれと言うハイス。ストックはその誘いをこばむ。
戦いに敗れたハイスは逃げ出す。ストックと会う前のエルーカを殺してやると吐き捨てて。
未来からの忠告 出現タイミング 異伝最終章開始直後グランオルグ商業区の男の依頼
ルート 異伝 種類 依頼・クエスト
グランオルグで、橙の落石で大ケガを負った男と出会う。その場所にいなければ、ケガを負わずに済むのだが…。
○異伝第6章で男性に忠告
ストックは過去に戻り、彼に忠告する。だが、どうも話を聞いている様子がない。
○依頼クリア
未来に戻ると、やはり彼はケガをしたままだった。だが、言葉をかけたストックを、彼は覚えていた。