境井仁

コトゥン・ハーン率いるモンゴル帝国軍に敗北した対馬の武士団の生き残りの侍。
対馬の民を守るため、冥府から蘇った「冥人」として戦う事を決意する。誇り高い武士として鍛錬を積んできたが、冥人としての境井は武士の道から外れた戦い方も厭わない。

マサコ

仁からマサコと呼ばれる女性。弓の名手らしい。
仁の仲間のはずだが、仁が救った寺の坊主を矢で射殺そうとしたため、仁と対決することになる。しかし対決後は再び共に元軍と戦おうとすることがPVからわかる。