情報提供者:Kariさん、ぽちさん

ノンストップ議論 嘘とは

ニューダンガンロンパV3の目玉要素となるのがこの「ノンストップ議論 嘘」。主人公赤松にあえて嘘をつかせ、その場を偽証により乗り切るという、画期的な新システム。

やり方は、「ノンストップ議論 嘘」の中で△ボタンを押しっぱなしにする、ということのみ。
こうすると、左下に表示されているコトダマのアイコンがずれてその下に新たな嘘の弾丸、「ウソダマ」が出現します。これを表示させたら、△ボタンを押しっぱなしにして保持し、通常のノンストップ議論と同じく、ウィークポイントとなる部分まで照準を持っていき、△ボタンを離してコトダマを発射、そのウィークポイントが正しければ「論破」ではなく「偽証」となり、嘘によって場を乗り切ることになります。

嘘をつくリスク

△ボタンを押し続けてウソダマを表示させると画面の色が反転して「嘘コード」状態と呼ばれる状態になります。この状態を保持している間(△ボタンを押し続けている間)は、ライフである発言力が減り続けるという厳しいペナルティを課せられた状態になります。
この状態は正しいウィークポイントにウソダマを撃ち込んで偽証に成功すると減少した分は全て回復するようになっていますが、間違ったウィークポイントに撃ち込んだり、ウソダマをウィークポイントにすら当てられず外したりした場合、その分発言力が減少してしまいます。

注意点は、「一度△ボタンを押し続けると、嘘コード状態を解除するためにはウソダマを発射するしかない」ということ。一度△ボタンを押し続け始めて、ウソダマ発射準備状態になったら、ウィークポイントを正しく狙い撃つか、外して発言力にダメージを受けるかの二択になります。長く嘘コード状態を維持すればするほど、失敗した時に大ダメージを受けることになります。

なお、ずっと△ボタンを押し続けると発言力が0になっても嘘コード状態を維持し続けることは可能です。しかし、この状態でウソダマを発射するべきウィークポイントに発射できないままに議論が一巡してしまった場合、発言力は0になってしまいます。

仮に議論の最初から最後まで嘘コード状態をずっと維持し続けるようなことをすると、議論が一巡する間に簡単に発言力は0になり、たちまちゲームオーバーとなってしまいます。ウソダマで撃ち抜くウィークポイントを正しく見極めるまでは嘘コード状態にはしないで、冷静に議論を見るべきです。

V偽証

通常のノンストップ議論でウィークポイントの中のVポイントを撃ち抜くことで「V論破」となるのと同じように、ノンストップ議論 嘘の中でもウィークポイント中のVポイントを撃ち抜くことは可能です。この場合、「V論破」ではなく「V偽証」となります。
やはりR1を押しての精神集中の時にのみ、ウィークポイントに存在するVポイントは見えるため、ノンストップ議論 嘘でV偽証を狙う場合、「△ボタンを押してウソダマ発射状態を維持しながらR1を押して精神集中を行いVポイントを狙う必要がある」ことになります。△ボタンとR1ボタンの2つを同時に押す必要があることになります。

裏ルートについて

学級裁判中の特定のノンストップ議論中稀に、「普通に論破して進行できる場合」と「ウソダマにより偽証して進行できる場合」の2ルートが存在することがあります。つまり正解が2つあるということ。こういう場合にウソダマを駆使する方法をとってそのノンストップ議論を突破した場合、「裏ルート」という通常とは別のルートに入ったことになります。裏ルートに入ることが条件のトロフィーもあります。裏ルートに入ってクリアした場合、学級裁判のリザルトで該当PHASEに「裏」とつきます。裏ルートについては別ページにまとめました。

情報提供フォーム

名前

内容

  

攻略

キャラクター

学級裁判

データベース

クリア後のおまけモード

過去作のキャラクター

事前情報