反論ショーダウン・真打とは

前作にもあった「反論ショーダウン」が仕様変更されたのが「反論ショーダウン・真打」です。特定のキャラが議論中に反論してくるのでそれに対して一対一で戦うことになります。前作だと表れる文字を次々斬りつけるものでしたが、今回は角度のついた文字に対してそれにそって斬るというものに。○ボタンで通常斬り、△ボタンで刀の刃先が向いている方向に言刃(コトノハ)斬りを繰り出します。

角度をつけて斬る

相手の言葉は画面左から右に流れてきます。それに対して左スティックで刃の角度をつけ、○ボタンで斬りつけて斬撃で言葉を消していきます。斬撃の角度は青い点線で表されます。複数の言葉をまとめて消した場合、タイム回復ボーナスとなります。言葉を斬りつけるたびに画面を分割している線が徐々に左へと押され、相手を押していることを表しています。文字が現れてから一定時間経過するうちに斬りつけないと逆に右側に分割線が押されてしまいます。左に押し切ると「発展」し、議論が変わります。

コトノハでとどめを刺す

上手く斬りつけて左に押し、議論が発展した果てには、通常のノンストップ議論と同じように相手の言葉の中に黄色のウィークポイントが出ます。これに対して、△ボタンによるコトノハの斬りつけで相手にとどめを刺すことで反論ショーダウン・真打に勝利となります。コトダマがコトノハと名称が変わるだけで、やることはノンストップ議論と同じようなものです。

攻略

キャラクター

学級裁判

データベース

クリア後のおまけモード

事前情報