操作方法

行動 コマンド 説明
攻撃 キャラの基本攻撃。クラウドなら剣での、バレットなら銃での攻撃
回避 × 回避行動。
ウェイトモード ウェイトモード(タクティカルモード)になる
固有アビリティ キャラごとに持っている固有アビリティを使う
ショートカット L1 設定しておいたショートカットを表示。L1押しながら〇、×、□、△で決定
ガード R1 ダメージを軽減するガード。
仲間コマンド表示 L2、R2 操作していないキャラのコマンドメニュー表示。
ロックオン R3 R3押しながら右スティックでロックオン切替。
操作キャラ切替 十字キー上下 操作キャラを切り替える。
カメラ操作 右スティック カメラを操作する。

ウェイトモード(タクティカルモード)

戦闘中×ボタンを押すと「ウェイトモード」に切り替わる。海外版では「タクティカルモード」。
タクティカルモードにすると時間の流れがゆっくりになり、コマンドが表示。コマンドは「アビリティ」「魔法」「アイテム」があり、特定条件下では「リミットブレイク」を選択できる。L2、R2を押すと操作キャラ以外の仲間のコマンドを表示する。

タクティカルモードで選べるコマンドは「ATBゲージ」や「リミットゲージ」を消費する。

ATBゲージ

FF7リメイクATBゲージ

キャラクターのステータス表示下部に2つに分割されたゲージがある。これが「ATBゲージ」。ATBゲージは時間経過、あるいは攻撃を当てる事などで上昇する。これは「アイテム」や「魔法」を使用する際に消費する。アイテムでも魔法でも1ゲージを消費し、魔法の場合はさらに個別に設定されているMPも表示する。

リミットゲージ

FF7リメイクリミットゲージ

キャラのステータス右側にあるのがリミットゲージ。リミットゲージは原作FF7同様にダメージを受ける事で上昇する。リミットゲージが溜まると各キャラの必殺技であるリミット技を使用できる。

バーストゲージ(フォーカスゲージ)

FF7リメイクバーストゲージ

ターゲットしている敵のデータとして2つのゲージが画面上に表示される。上の黄色のゲージは敵の体力であるHP、そして下のオレンジ色は「バーストゲージ」というもの。海外版では「フォーカスゲージ」という。

フォーカスゲージは攻撃していくと上昇していき、最大まで上昇すると敵がダウンし耐久力が低下する。こうなると倍率が表示され、通常よりも大きな(画面の場合は通常の160%のダメージ)ダメージになる。満タンになったフォーカスゲージは時間経過で低下していき、最低まで落ちると敵は通常状態に戻る。

各キャラの攻撃にはこのバーストゲージを大きく上昇させる効果のある技(例えばクラウドなら「バーストラッシュ」)が存在する。

クラシックモード

今作のバトルシステムはアクションとコマンドの複合になっているが、アクションは自動操作に任せて、コマンド操作のみを行うクラシックモードというものも存在する。クラシックモードへの変更はオプションの「バトルの難易度」から設定する。

召喚獣

FF7リメイク召喚獣

戦闘参加キャラに召喚マテリアを装備させていて、かつ敵が手強い状況の場合、キャラクターのステータスウィンドウの上にSUMMONゲージが表示される場合がある。召喚ゲージが最大値になるとコマンドから召喚獣を呼び出す事が出来る。
召喚獣は召喚ゲージがなくなるまで共に戦ってくれる。召喚獣もアビリティを所持しており、召喚したキャラのATBゲージを使って使用する事が出来る。SUMMONゲージが無くなった時、召喚獣は強力な攻撃(イフリートなら広範囲を炎で攻撃する「地獄の火炎」)を繰り出してから去っていく。

事前情報

ゲームシステム


攻略チャート

ボス攻略

キャラクター